おじいさんの小さな庭

おじいさんの小さな庭

草花が咲き、小鳥が歌い
動物が暮らすおじいさんの庭

桜便りがあちらこちらから届き、駅前のつぼみもようやくほころびかけています。いつかのテレビドラマで「満開の桜を好きだという人と、好きではないという人がいる。満開の桜を好きな者同士が結婚するとうまくいくかというと、そうでもない」というセリフがあって、印象深く、時々反すうしています。

私は満開の桜並木を歩くのが好きで、亭主は「不気味」だと。桜だけではなく、趣味も好みも性格も、体型までも正反対の私たち。マグカップにコーヒーをたっぷり注いで飲む私の横で、亭主はデミタスカップ6分目の量を。何事も多いのは好きではないそうです。

ところが不思議、毎年4月のこの時期には「もうそろそろだね」と、どちらともなく言い出して、由緒正しき神社の隅っこ、喧噪(けんそう)をよそにひっそりと咲く桜を二人で愛(め)でに出かけます。その場所を見つけてきたのは亭主です。

『おじいさんの小さな庭』(出版=西村書店、バーナデット・ワッツ/絵、ゲルダ・マリー・シャイドル/文、佐々木田鶴子/訳)は『赤ずきん』をはじめとしたグリム童話でおなじみのバーナデットの作品です。

おじいさんの庭に咲く小さなヒナギクは隣の庭に憧れて、「バラとユリの間で咲きたいの」とだだをこねるのです。心優しいおじいさんはヒナギクの願いをかなえ、隣の庭に植えてあげました。ところが、隣はお金持ちの庭、「こんなものがはえている」と怒り、ヒナギクを引っこ抜いてゴミ捨て場に放り投げてしまいます。ヒナギクを助けたいと願うおじいさんを思って、ナイチンゲールが塀を越えて隣へ飛んで行きます。

ノバラ、マーガレット、ツリガネソウ、タンポポ、ヒナギクが咲き乱れ、ナイチンゲールが歌い、ウサギやハリネズミが暮らすおじいさんの庭。バーナデットの絵は柔らかで美しく、昼、夕、夜とさまざまな表情の庭が魅力的に描かれ、「みんなが眠りました。静かな庭にナイチンゲールの歌だけが響き渡りました」というラストがすてきです。

名前なりきよ ようこ
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。
保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る