【謹んでお見舞いを申し上げます】
リビングネットワークでは、熊本地震 被災者支援のための義援金を受け付けています。

がん医療に携わる医師らがコミュニケーション技術を学ぶ

和歌山県立医科大学が県内で初めて研修を実施

研修風景。今回は和歌山県立医科大学附属病院の医師4人が参加。本当の患者さんと向き合うように会話し、後に観察していた医師と意見交換

研修風景。今回は和歌山県立医科大学附属病院の医師4人が参加。本当の患者さんと向き合うように会話し、後に観察していた医師と意見交換


がんは日本人の死因の第1位、がんで亡くなる人の割合は年々増えています。そんな中、がん医療に携わる医師たちが、患者とコミュニケーションを図る上での技術を学ぼうと、2月4日と5日の2日間に渡って、和歌山県立医科大学で研修が行われました。

「がん診療をする中で、告知や再発、抗がん治療の中止など、患者さんにとって深刻なお知らせをしなければならないケースがあります。そのとき、どう伝えるか―。患者さんが楽観してはいけないし、悲観的になりすぎてもいけない、医師にとって難しい“伝え方”の技術を学ぶための研修です」。そう説明するのは、県立医科大学腫瘍センターの上田弘樹副センター長。

厚生労働省は、10年前から日本緩和医療学会などに委託し、「がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修(CST)」を行ってきました。しかし、機会が非常に限られているため、数年前から各施設が独自に実施。今回、和歌山県では初めて行われました。

よくない知らせをどのように伝えるか

上田弘樹・腫瘍センター副センター長

上田弘樹・腫瘍センター副センター長


CSTの特徴は、学会が認めたボランティア協力者が患者役となり、ロール・プレイ式で行われる点。「大学の講義でロール・プレイを行うこともありますが、患者役を同じ学生がしたり、真実味があまり持てません。CSTでは患者役専門の方がいて、現実さながらのやり取りが続き、その一部始終を他の医師が観察し、後で意見を交換します。普段の診療ではできない経験で、何気ない医師の言葉やしぐさが、患者さんにどんな印象で伝わったのかが、よく分かります」と、上田副センター長。

「患者さんの気持ちをくむことは、治療方針を決める上でとても大切なこと。お互いに納得して治療に臨める信頼関係が医師と患者には必要。そんな信頼を築くコミュニケーションのスキルを、トレーニングで身に付けられることを医師にも知ってもらいたい」とも。

CSTの実施は、学会がファシリテーターとして認定した医師と臨床心理士が行うことが条件。県内には、上田副センター長を含む3人がファシリテーターとして認定されています。このチームで、来年度も研修実施に向けて取り組みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 2017/6/22

    親の会
    登校拒否・ひきこもりの子ども・青年を持つ和歌山県親の会主催の「第25回総会&交流会」が、6…
  2.  “デパ地下”でおなじみ、総菜の製造・販売会社「ロックフィールド」の旗艦ブランド「RF1…
  3. テレビのツムジ
    勝手に選出! 上半期の出演回数 ナンバー1の著名人とは!? 気がつけば今年もあと半分。ち…
  4. 7月7日に入場無料の七夕講談会を実施 功績を学び、郷土に自信と誇りを 日本外交の基礎作りに…
  5. 毎月1回、テーマに沿って和歌山城を歩いてお城について勉強する「和歌山城で学ぶお城教室」が開…

電子新聞 最新号

  1. 2017/6/22

    リビング和歌山2017年6月24日号

    リビング和歌山 6月24日号 子どもの心と体の健康を保つために重要な「食育」に、“農”をプラスした「…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 子どもの心と体の健康を保つために重要な「食育」に、“農”をプラスした「食農教育」。食べることを支え…
  2. のりちゃんの子育て奮闘記
    漫画/佐田 静 のりちゃん和歌山市出身のお笑い芸人(37歳)。3女の父として、夫婦で子育て奮闘…
  3. 冬瓜(とうがん)と肉団子のスープ
    《材料(4人分)》 ●冬瓜400g(1/8個)●豚ミンチ400g●玉ネギ1/2個●ニンニクみじん切…
  4. 今週号は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案する特集をお届け。熊野三山の一社、熊野那智大…
  5. 父の日、皆さんの家庭では贈り物をしますか?どんな一日を過ごすのでしょうか。さて、お父さんは何をプレ…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る