がん医療に携わる医師らがコミュニケーション技術を学ぶ

和歌山県立医科大学が県内で初めて研修を実施

研修風景。今回は和歌山県立医科大学附属病院の医師4人が参加。本当の患者さんと向き合うように会話し、後に観察していた医師と意見交換

研修風景。今回は和歌山県立医科大学附属病院の医師4人が参加。本当の患者さんと向き合うように会話し、後に観察していた医師と意見交換


がんは日本人の死因の第1位、がんで亡くなる人の割合は年々増えています。そんな中、がん医療に携わる医師たちが、患者とコミュニケーションを図る上での技術を学ぼうと、2月4日と5日の2日間に渡って、和歌山県立医科大学で研修が行われました。

「がん診療をする中で、告知や再発、抗がん治療の中止など、患者さんにとって深刻なお知らせをしなければならないケースがあります。そのとき、どう伝えるか―。患者さんが楽観してはいけないし、悲観的になりすぎてもいけない、医師にとって難しい“伝え方”の技術を学ぶための研修です」。そう説明するのは、県立医科大学腫瘍センターの上田弘樹副センター長。

厚生労働省は、10年前から日本緩和医療学会などに委託し、「がん医療に携わる医師に対するコミュニケーション技術研修(CST)」を行ってきました。しかし、機会が非常に限られているため、数年前から各施設が独自に実施。今回、和歌山県では初めて行われました。

よくない知らせをどのように伝えるか

上田弘樹・腫瘍センター副センター長

上田弘樹・腫瘍センター副センター長


CSTの特徴は、学会が認めたボランティア協力者が患者役となり、ロール・プレイ式で行われる点。「大学の講義でロール・プレイを行うこともありますが、患者役を同じ学生がしたり、真実味があまり持てません。CSTでは患者役専門の方がいて、現実さながらのやり取りが続き、その一部始終を他の医師が観察し、後で意見を交換します。普段の診療ではできない経験で、何気ない医師の言葉やしぐさが、患者さんにどんな印象で伝わったのかが、よく分かります」と、上田副センター長。

「患者さんの気持ちをくむことは、治療方針を決める上でとても大切なこと。お互いに納得して治療に臨める信頼関係が医師と患者には必要。そんな信頼を築くコミュニケーションのスキルを、トレーニングで身に付けられることを医師にも知ってもらいたい」とも。

CSTの実施は、学会がファシリテーターとして認定した医師と臨床心理士が行うことが条件。県内には、上田副センター長を含む3人がファシリテーターとして認定されています。このチームで、来年度も研修実施に向けて取り組みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

電子新聞 最新号

  1. 2017/11/16

    リビング和歌山2017年11月18日号

    リビング和歌山 11月18日号 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎて体重過多が気になるあなた、本…
  2. 今週号は、上質な暮らしを提案する特集“Good Life”。「天高く馬肥ゆる秋」ということで、今回…
  3. 日本防災士会和歌山県支部長 早稲田 眞廣さん 「物」「建物」「知識」の備えを怠らずに あなたの防災知…
  4. スマートエージェンシーボトル5点セット(6人) 商品について問い合わせ 和歌山市消防協会 …
  5. 小さな穴をのぞくと、無数の幾何学模様が広がる万華鏡。角度を変えるたびに変わる形は、人を飽きさせない…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る