このシーズンはほっかほかの“湯気”が命

テレビのツムジ

このシーズンは

ほっかほかの“湯気”が命

 先日、会議中にヤケドをした。差し入れのたこ焼きを、熱くないだろうという先入観で、一番に手をつけたからだ。大人なのに情けない。たこ焼きの湯気をちゃんと確認すれば良かったと反省。冬のテレビ番組も同様に、湯気が重要だ。会議中にも「湯気もの」という言葉が飛びかう。お鍋、ラーメン、温泉など、湯気でぬくもりが感じられるものが、視聴者を引きつけることを分かっているのだ。だからこそ、商品撮影では、カメラマンの「湯気!」という指示がよく出る。照明や背景の条件で、湯気がまったく撮影できないのだ。湯気をみせるには、背景を暗くし、エアコンで室内を寒くし、照明を斜め後ろから当てる。時間がたてば、商品を再度あたため、湯気を出したりも。それだけ苦労かけ撮影するが、放送で使うのは、わずか数十秒。労力と時間のコスパが合わないのだ。ちなみに、昔は時間短縮ため、ドライアイスを仕込んで湯気にみせていたこともあった、という都市伝説も聞く。なお、撮影した後はスタッフがおいしくいただく。食欲旺盛な僕は、今度こそ誰かが手をつけてから食べるはずだ。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る