このシーズンはほっかほかの“湯気”が命

テレビのツムジ

このシーズンは

ほっかほかの“湯気”が命

 先日、会議中にヤケドをした。差し入れのたこ焼きを、熱くないだろうという先入観で、一番に手をつけたからだ。大人なのに情けない。たこ焼きの湯気をちゃんと確認すれば良かったと反省。冬のテレビ番組も同様に、湯気が重要だ。会議中にも「湯気もの」という言葉が飛びかう。お鍋、ラーメン、温泉など、湯気でぬくもりが感じられるものが、視聴者を引きつけることを分かっているのだ。だからこそ、商品撮影では、カメラマンの「湯気!」という指示がよく出る。照明や背景の条件で、湯気がまったく撮影できないのだ。湯気をみせるには、背景を暗くし、エアコンで室内を寒くし、照明を斜め後ろから当てる。時間がたてば、商品を再度あたため、湯気を出したりも。それだけ苦労かけ撮影するが、放送で使うのは、わずか数十秒。労力と時間のコスパが合わないのだ。ちなみに、昔は時間短縮ため、ドライアイスを仕込んで湯気にみせていたこともあった、という都市伝説も聞く。なお、撮影した後はスタッフがおいしくいただく。食欲旺盛な僕は、今度こそ誰かが手をつけてから食べるはずだ。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. pick up 肩井(けんせい)  首を倒したときに出っ張っている骨と、肩の外…
  2. 約2メートルもの大幣を振って祈願 おとう役は鳥居からかごに乗って社務所へ向かいます  「年…
  3.  あでやかで、貴重なひな人形が一堂に。「郭(かく)家のひな祭り」が、2月23日(土)、24…
  4.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針…
  5.  和歌山県が誇る、地域の伝統文化を紹介する「第13回和歌山県民俗芸能祭」が、3月3日(日)…

電子新聞 最新号

  1. 2019/2/21

    リビング和歌山 2月23日号

    リビング和歌山 2月23日号  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自…
バックナンバー

おすすめ記事

  1.  動物、花など、針と糸を使って布地にさまざまな絵を描く「刺しゅう」。自分の手で一針一針刺す作品は…
  2. 食パンを使うことで食べ応えもあり、フルーツトマトは火が通って、さらにもっと甘くなります 《材料(4人…
  3.  和歌山市の北西部に位置する加太は、魅力ある観光資源がたくさんある反面、“買い物難民”など住むには少…
  4.  「AGE(エー・ジー・イー)」という言葉を知っていますか?それは、体内のたんぱく質が“糖化”するこ…
  5. 「THE ROASTERS」(ザロースターズ)コーヒー焙煎士・神谷仁子さん 福島県郡山市で東日本…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る