つどいの広場に新たな拠点

南保健センターに「ドレミひろば」4月13日(月)開設

つどいの広場に新たな拠点

和歌山市内で5カ所目
「ホッピング」に委託運営

「ドレミひろば」のロゴ(写真右上)と広 場の様子

「ドレミひろば」のロゴ(写真右上)と広場の様子

2月に移転した南保健センター(和歌山市田尻)に併設されるつどいの広場「ドレミひろば」が、4月13日(月)にオープンします。

つどいの広場は、和歌山市が実施している子育て支援事業で、乳幼児を持つ子育て中の親が気軽に集い、交流できる場。「ドレミひろば」は5カ所目で、NPO法人の「ホッピング」が委託を受け、運営していきます。

広さは51平方㍍で、おもちゃや絵本のほか、子育て情報の資料や育児雑誌、交流掲示板などを準備。子ども用トイレも設置されています。スタッフも小さな子どもを持つママたちで、「子育ての楽しさも悩みも共感できると思います。和気あいあいと、楽しい気持ちで家に帰ってもらえるような広場にしていきたい」とスタッフの一人、平敷(へしき)惠美さん。

また、毎月第4月曜午前10時半〜正午には、南保健センターと共同で、0歳児と保育者を対象に「すくすくルーム」を開設します。

子育てを楽しみながら
ママたちの社会復帰も応援

新しいつどいの広場は、今年2月完成した南 保健センターに併設

新しいつどいの広場は、今年2月完成した南保健センターに併設

「ホッピング」は和歌山市中心市街地に活動拠点を持ち、カフェを軸に、子育て中の母親たちのコミュニティー作りから、特技や資格を生かしたママ講師による教室やイベントの開催、就労支援などの活動をしてきました。

「交流のある人やママ講師にも手伝ってもらって、いろんなイベントをしていきたい」と話すホッピング代表の上田茜さん。「つどいの広場に来る子どもたちが低年齢化していて、生後5〜6カ月くらいから利用する人が多くなっています。それだけ〝外に出たい〞お母さんが増えているのだと思います。子育て中でも〝家から外に出る〞というアクションを大事にしたい。子育てを楽しみながら、ちょっと社会にも目を向けられる場所づくりを目指します」と特徴ある広場を目指します。

 

ホッピング

開設日 4月13日(月)オープン
水・日曜と祝日、第5土曜を除く午前10時〜午後3時
年間保険料 1人200円
内容
  • オープンから先着で「ドレミひろば」のロゴ缶バッジマグネットを配布(限定100個)
問い合わせ ホッピング
電話 073(425)8789

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る