なりっちの0歳パパを育てよう「ママの味方でいてあげよう!」

なりっちの0歳パパを育てよう「ママの味方でいてあげよう!」

「かあさんが……」を封印し、外敵からママを守る

「K子とおふくろ、それぞれの言い分をよく聞いて、正しい方に味方します」。数十年前のこと、わが家へ(家出してきた)おばあちゃんを迎えに来た伯父は、私たちにこう言いました。3世代同居が多く、どの家でも嫁姑(よめしゅうとめ)闘争が繰り広げられていた時代、でもたいていは姑の勝利。夫(息子)が母親の肩を持つからです。しかし伯父の家はそうではなかった。それが悔しくて、「何があろうと母親の味方をするのが息子でしょう」と、娘である母は憤慨していました。
私は子ども心に、「伯父さんは新しい。お母さんが伯母さんの立場だったらどうなのよ。悪くもないのに、一方的に『お前が悪い』と夫からせめられたら理不尽でしょう」と思っていたのです。
同居がめずらしくなった現代でも、嫁姑問題はあります。夫婦二人だけのときには距離を置いてくれていた賢いお姑さんが、孫が生まれたとたんに過干渉になるからです。母乳育児のススメにはじまって、抱っこの仕方やオムツを替える回数にまで口を挟んできます。ママのイライラに気付かないパパは、「かあさんが言ってたんだけど」を連発しつつ、いらない情報を持ち込みます。
おまけに、実家に帰ればイクメンアピール。「洗濯はボクの役目」だとか、「この前離乳食を作ったとき」なんて。不思議なことに、それを聞いて「よくやっているね」と褒める母親は少ないのです。自分の夫には「もっと手伝え」と言うくせに、息子には「そんなことをさせられてかわいそうに」「みっともない」と思うようで、敏感にその空気を察知したママのモヤモヤはピークに(生活の自立ができない息子を育てた方がよほどみっともないのにね)。
客観的な視点も、フェアとかアンフェアとかも関係なく、パパは常にママの味方でいること。外敵を防御しママを守る、それが鉄則です。そして、野菜の切り方が不ぞろいでも、食器の洗い方が雑でもお母さんに愚痴ってはいけません。

名前なりきよ ようこ
なりっち
プロフィル絵本編集者として勤務後、渡欧。帰国後フリーに。保育所や小学校で読み聞かせを25年以上続けている。絵本creation(編集プロダクション)代表
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 焼肉ドラゴン
    高度経済成長期、たくましく生きる家族たち 万国博覧会が開催され、高度経済成長に浮かれる19…
  2. 48年間活動を続けている、朗読ボランティア・和歌山グループ声の「かみしばいとよみかたり会」…
  3. ヤマハ英語教室が、3~6歳児の保護者を対象とした「小学生になる前に知っておきたい・えいごセ…
  4. 石と木と2

    2018/6/21

    石と木と2
     エムズギャラリー12番丁(和歌山市十二番丁)で、2人展「石と木と2・いつもそばにあるもの…
  5. リビング和歌山6月23日号
     毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、半年間の穢(けが)れを祓(…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2018年6月23日号

    2018/6/21

    リビング和歌山 2018年6月23日号

    リビング和歌山 2018年6月23日号 毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山6月23日号
     毎年、6月の晦日(みそか、30日)に、全国あちこちの神社で、半年間の穢(けが)れを祓(はら)う「…
  2. リビング和歌山6月16日号電子書籍を見る
     メイク道具の手入れは、どのくらいの頻度で行っていますか? “顔は毎日洗うけれど、メイク道具は・・…
  3. いざというときに役立つ防災グッズ プレゼント 緊急簡易トイレ
    緊急簡易トイレ(3人) 本体は段ボール、汚物袋・凝固剤各5回分付き(3888円) 災害時、深刻になる…
  4. 左から田平さん、森栗さん、木村さん
    和歌山市職員・田平和之さん、木村豊さん、森栗昌英さん 熊本県南阿蘇村で被災宅地の危険度を判定 2次災…
  5. top_リビング和歌山6月9日号イメージ
     じめじめと湿度が高くなる季節、食欲も減退気味。でも、暑くなる夏に備えて、栄養補給をしっかりしてお…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る