最近よく訪れている4カ月のベビー、今は寝返り挑戦中。なかなか成功しないけれど、体をねじって何回もチャレンジ。ママは成功の瞬間を逃さないようにスマホをスタンバイして待ちます。その場に居合わせたママたちやスタッフも、もう少し! がんばって! と力が入り、思わず声が出てしまいます。結局その日は成功しませんでしたが、ほどなくできるようになったと聞き、また皆で喜び合いました。

 家とは違って同じ子育て中の親同士、しんどいこともうれしいことも励まし合い、喜び合える、この空間は、一昔前なら地域に普通にあった光景なのでしょう。つどいの広場がその場となり、親子が安心してつながり合える場となっていると感じる瞬間です。

(佐藤百子)

著者子ども連れで集まり、交流できる和歌山市子育て支援拠点(つどいの広場)の一つ「ほっとルームぐるんぱ」のスタッフ
住所ほっとルームぐるんぱ(和歌山市福島487)
TEL073(452)2303
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る