もっと女性に愛される紙面に

リビング和歌山20141004号

「リビング和歌山」は、今年10月に創刊35周年。読者の目線で、毎日の生活に役立つ情報を届けようと〝もっと近くにアミーゴ(A35)〞をキャッチフレーズに、記念事業を展開します。

まずは、こちら1面の題字デザインに注目!「リビング」のロゴが、以前の筆記体から、大きく太い書体で目立つようになりました。リビングの読者ターゲットである「明るく元気な女性」をイメージするビビッドなカラーで展開していきます。流行に敏感で、新しい物事を柔軟に取り入れる女性たちのイメージと重なるデザインです。

紙面の中身もリニューアル。今週号から、新企画「大人リビング」と「キッズリビング」のページが毎週登場。〝自分の時間を大切に、こだわりを持って過ごしたい〞という大人世代に向けた情報と、子育てや教育についての話題を届けます。そのほか新コーナーの登場など、リニューアルの詳細は2面をご覧ください。10月18日(土)と19日(日)には、「みんなの笑顔に出会いたい」をテーマに、「リビングフェスタ2014」を開催。
詳しくはこちらから

リビング和歌山は創刊35周年を記念して、紙面をリニューアル! リビングのロゴと1面の題字デザインも一新、幅広い女性たちに支持されるフリーペーパーを目指して生まれ変わります。今後もご愛読よろしくお願いします。

1979年
(昭和54年10月20日)

創刊号リビング和歌山の前身である「サンケイリビング」が和歌山に誕生しました
1980年
(昭和55年)

ブランケット判だったサンケイリビング
が今と同じサイズのタブロイド判に
1985年
(昭和60年6月)

「サンケイリビング」を「和歌山リビング」に改名しました
1985年
(昭和60年12月)

年に数回はカラーの紙面が登場。この題字はカラーのとき
1987年
(昭和62年)

題字がシンプルで目立つようになりました
1989年
(平成元年)

創刊10周年として紙面を刷新。新しいリビングのロゴも登場しました。1面と中央2面、終面が毎週カラーに
1992年
(平成4年)

最も長く使われていた題字デザイン
2001年
(平成13年)

創刊1000号を迎えました
2007年
(平成19年)

先週号まで使ってきたロゴと題字
2014年
(平成26年)

 リビング和歌山は創刊35周年を記念して、紙面をリニューアル! リビングのロゴと1面の題字デザインも一新、幅広い女性たちに支持されるフリーペーパーを目指して生まれ変わります。今後もご愛読よろしくお願いします。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る