イマドキの大掃除の実態 2人に1人が年末の掃除を行わず

普段からこまめに掃除をする人が増加

年末の大掃除シーズンが来月に迫ってきました。「あれもこれもしなければ…」と焦り出している人もいるのでは。大掃除は、新年を気持ちよく迎えるための伝統行事の一つ。でも最近は、ライフスタイルの変化などで、年末以前に掃除をする人も増えてきています。そこで今回は、〝イマドキ〞の実態を探ってみます。

ガス機器メーカー・リンナイは今年10月、「〝大掃除〞に関する意識調査」を実施しました。対象は、同社公式部品販売サイト「リンナイスタイル」の会員4064人。

「昨年(2016年)の年末に大掃除をしたかどうか」の質問では、「実施した」と回答した人は51.9%で、2人に1人は行わなかったことが判明。未既婚別・男女別にみると、「実施しなかった」の割り合いが未婚男性で47.0%、同女性で44.4%となり、未婚の人ほど実施しないといった傾向がありました。

また「年末とは別に、少し念入りな〝中掃除〞をするかどうか」の問いでは、80%以上の人が「行う」と答え、時期としては「秋が適している」と思っている人が多いことが分かりました。中掃除の背景には、「まとめて大掃除をすると大変だから」(54.3%)、「中掃除をすると汚れがたまりにくいから」(41.7%)といった声がありました。

さらに、今年末に大掃除を行う予定のない人に理由を聞いたところ、「普段からこまめに掃除をしているから」(42.0%)が最多で、「他の時期に大掃除をするから」(27.3%)「寒いから」(23.3%)の順。年末の大掃除に必要性を感じていない人が多い結果となりました(グラフ参照)。

長く快適に暮らすためには、住居を定期的にメンテナンスすることが大切。今から少しずつ掃除を始め、今年は年末をゆったりと過ごしてみてもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2月17日号

    2018/2/15

    リビング和歌山 2018年2月17日号

    リビング和歌山 2018年2月17日号  「幼稚園から小学校に上がって友達ができるかしら」「新しい先…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山2月17日号イメージ
     「幼稚園から小学校に上がって友達ができるかしら」「新しい先生になじめるかな」と、子ども以上に心配…
  2. リビング和歌山2月10日号
    今週号の特集は、“Good Life(上質な暮らし)”を提案。キノコの一種「クロアワビタケ」はご存…
  3. 紀の川市社会福祉協議会桃山支所長 辻 佳秀さん 身近に起こった水害、地域で共有して防災意識を 昨日ま…
  4. 防炎エプロン&アームカバー
    防炎エプロン&アームカバー(2人) アームカバーともにフリーサイズ(エプロン4644円、アームカバー…
  5. リビング和歌山2月3日号
     寒さがピークになる時期。体の冷えに悩まされていませんか。そんなときは、食べると体がぽかぽかと温ま…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る