イマドキの大掃除の実態 2人に1人が年末の掃除を行わず

普段からこまめに掃除をする人が増加

年末の大掃除シーズンが来月に迫ってきました。「あれもこれもしなければ…」と焦り出している人もいるのでは。大掃除は、新年を気持ちよく迎えるための伝統行事の一つ。でも最近は、ライフスタイルの変化などで、年末以前に掃除をする人も増えてきています。そこで今回は、〝イマドキ〞の実態を探ってみます。

ガス機器メーカー・リンナイは今年10月、「〝大掃除〞に関する意識調査」を実施しました。対象は、同社公式部品販売サイト「リンナイスタイル」の会員4064人。

「昨年(2016年)の年末に大掃除をしたかどうか」の質問では、「実施した」と回答した人は51.9%で、2人に1人は行わなかったことが判明。未既婚別・男女別にみると、「実施しなかった」の割り合いが未婚男性で47.0%、同女性で44.4%となり、未婚の人ほど実施しないといった傾向がありました。

また「年末とは別に、少し念入りな〝中掃除〞をするかどうか」の問いでは、80%以上の人が「行う」と答え、時期としては「秋が適している」と思っている人が多いことが分かりました。中掃除の背景には、「まとめて大掃除をすると大変だから」(54.3%)、「中掃除をすると汚れがたまりにくいから」(41.7%)といった声がありました。

さらに、今年末に大掃除を行う予定のない人に理由を聞いたところ、「普段からこまめに掃除をしているから」(42.0%)が最多で、「他の時期に大掃除をするから」(27.3%)「寒いから」(23.3%)の順。年末の大掃除に必要性を感じていない人が多い結果となりました(グラフ参照)。

長く快適に暮らすためには、住居を定期的にメンテナンスすることが大切。今から少しずつ掃除を始め、今年は年末をゆったりと過ごしてみてもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. プランターで楽しむ家庭菜園【秋編】 家庭料理の定番、ジャガイモ 培養土の袋などで栽培 自宅…
  2. コーヒーが冷めないうちに
    後悔を抱え、過去に戻れる喫茶店へ 「とにかく泣ける!」と口コミで広がり、2017年には本屋…
  3. pick up 落枕(らくちん)  拳を作ると出る大きな関節の、2番目と3番目…
  4. LA MAISON CLOCHETTE(ラ・メゾン・クロシェット)
    和歌山県書道資料館の1階に、「食堂ことぶき」(和歌山市畑屋敷葛屋丁)の姉妹店「LA MA…
  5. 平維盛とお万の切ない恋の物語 龍神村伝説「恋小袖の瀧」公演 10月7日(日)和歌山市民会館…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月22日号

    2018/9/20

    リビング和歌山 2018年9月22日号

    リビング和歌山 2018年9月22日号 2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョー…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月22日号
     2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョーズ”。さまざまなグッズを活用して、夫…
  2. リビング和歌山9月15日号
     和歌山市鳴神にある阿弥陀寺の本堂を訪ねてみませんか。江戸時代、紀州徳川家の力を知らしめるような、…
  3. リビング和歌山9月8日号
     子どもの頃、土や砂で泥団子を作ったことはありますか? 手の中で大切に、丁寧に磨くことで光沢が出て…
  4. 「ケアハート」応急手当セットポーチタイプ(5人) 消毒液やガーゼ、ばんそうこう、コットン、綿棒、包帯…
  5. 和歌山地方気象台予報官・八塚仁さん 西日本豪雨後、気象予報で倉敷市の防災支援 二次災害の防止と復旧…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る