ショールームへ行こう【大阪ガス・ディリパ和歌山編】

エネファームと多機能コンロ 消エネで家事ラクな暮らしを提案

各住宅機器メーカーのショールームの見どころを紹介する企画。今回は大阪ガスのショールーム「生活誕生館ディリパ和歌山」(和歌山市十一番丁)を訪れました。
入り口を入ってまず目に入るのが、都市ガスを利用して電気と湯をつくる家庭用燃料電池「エネファームtypeS」(写真①)。自家発電で発生する熱を給湯に利用でき、家庭の光熱費を大幅に削減できるのが特長です。例えば、4人家族で家庭用給湯器を使用し、光熱費(電気代含む)が年間26万4000円の場合、エネファームを使用することで、同12万4000円を節約できます。
 また、インターネット環境があれば、スマートフォンやタブレットで光熱費の管理ができる他、リモコンのように床暖房や風呂のお湯はりなどの設定も可能。「停電時にも自立運転機能付きであれば稼動するので、危機管理の面からも検討する人が増えています」と担当者は話します。
すっきりと洗練されたデザインのガスコンロは、システムキッチン用のビルトインタイプ(写真②)と据え置きタイプの2種。グリルは、専用のダッチオーブン、プレート、焼き網などが付いていて、ポトフやハンバーグ、ケーキ、ピザが焼ける他、蒸し野菜やシチューが作れる優れもの(写真③)。メニューボタンで設定すれば、後はお任せ。火力を自動調節し、仕上げてくれます。「1台でオーブンの役割も。朝夕の忙しいときに便利です」とPR。実際に体感してみてくださいね。

生活誕生館ディリパ和歌山073(433)9803
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る