タニタに聞く!健康づくりvol.19 タニタ食堂でも行っている おいしい減塩のコツ①

知らない間に高血圧に!?
塩分過多が食べすぎの原因にも

20170311tanita
「減塩」や「低塩」、「塩分控えめ」などの商品を多く見かける昨今。減塩に取り組みやすい環境になってきました。他にも塩分を減らすさまざまな工夫があります。「気付かない間に高血圧になっていた」という事態を避けるため、食生活を見直してみましょう。

塩分の多い食事をすると、のどが渇きます。これは、私たちの体に備わっている血液の濃度を、一定に保とうとする作用によるものです。濃くなった塩分を薄めようとして水分をとると血液の量が増え、通常よりも強い圧力で血液が流れ、血管の内側にかかる血圧が上昇。その圧力に耐えようとして血管の壁が厚く硬くなり、動脈硬化を進行させてしまうのです。高血圧は自覚症状がないことが多いので、手遅れにならないうちに減塩生活を意識しましょう。

炊き込みご飯やカレーなど味付けの濃い料理を食べたとき、ついおかわりしてしまうという経験はありませんか。塩分が多い料理は自然と箸が進むため、食べ過ぎてしまいがち。もちろん肥満の原因にもなります。「内臓脂肪が気になる」「いつも食べ過ぎてしまう」という人は、濃い味付けが原因かも。「血圧の値は正常でも体重や体脂肪が気になる」という人も、日頃から塩分を意識して。

厚生労働省の定める塩分摂取量の目標値は男性8.0g未満、女性7.0g未満です。平成28年11月に発表された「平成27年国民健康・栄養調査結果の概要」によると、27年における成人の1日あたりの塩分平均摂取量は男性で11.0g、女性で9.2g。年々減る傾向にありますが、まだまだ目標値からはオーバーしているのが現状です。

タニタ食堂では、厚生労働省が提唱している成人の1日の塩分摂取量の3分の1を目安に、1定食あたりの塩分量を3g以下に抑えています。旬の素材のおいしさや、うま味、だし、スパイスなどを活用し、薄めの味付けでも満足できるように工夫。次回は、その中からポイントを紹介します。

(出典・タニタの健康応援ネット「からだカルテ」)

オープン1周年!春の入会キャンペーン期間中、入会金が無料に

女性専用30分フィットネス「フィッツミー和歌山店」は、4月28日(金)まで春の入会キャンペーンを実施。通常1万800円の入会金が無料になります。このお得な機会に、フィッツミーで健康づくりを始めませんか。詳しくは下記へ問い合わせを。

問い合わせ フィッツミー和歌山店
住所 和歌山市北島
20160430tanita02
電話 073(452)0011
営業時間 月~金曜午前10時~12時半、午後2時~8時、土曜午前10時~午後2時
定休日 日曜、祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

健康

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る