テレビ業界のミステリー 一番こわ~いモノとは?

テレビのツムジ

テレビ業界のミステリー 一番こわ~いモノとは?

残暑が続くが、ちょっと涼しくなる話がテレビ業界に転がっている。よくいわれるが、放送局には“あの世の方々”が集うらしい。どうもにぎやかな場所がお好きなようだが、何の科学的な根拠もない。が、新人の頃、そんな方々に遭遇したことが…。当時、ある局のスタジオで1人、夜にパソコンをたたいていた。明日の台本が間に合わないと、焦っていた。すると深夜2時、それが起こった。スタジオ奥から、子ども数人の笑い声が聞こえてきたのだ。冷静に考えれば怖いが、その時は違った。何せ締め切りは明日。僕は瞬時に「うるさい」と逆ギレをした。結果、その声はどこかに消え、台本も完成。後で聞けば、そこはよく出る場所だという。でも、あの世よりも、この世の上司の方が怖かったので、気にもしなかったのだ。他にも、突然辞めるAD、パワハラ上等のディレクター、ギャラを払おうとしないプロデューサー、すべて10年前の話だが、テレビ業界にはこんな怖い人間がゴロゴロいた。そんな怖い人たちと付き合ってきたのにも、ワケがある。なにせ仕事が無くなるのが、一番怖いからだ。

※次回は10月13日号に掲載

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る