ピアノ王子が奏でる感情や風景 牛田智大(ともはる)さんピアノリサイタル開催

鑑賞チケットを読者2人にプレゼント

日本人で史上最年少の12歳でプロに

ⒸAriga Terasawa

弱冠19歳でありながら、7年のキャリアを持つピアニスト、牛田智大さんのリサイタルが、10月21日(月)に和歌山県民文化会館で行われます。

1999年に福島県で生まれた牛田さんは、生後すぐに父親の転勤先である上海に移り、6歳まで滞在。3歳からピアノを始め、5歳で現地の音楽コンクールの年中の部で1位を受賞しました。その後も8歳から12歳まで、「ショパン国際ピアノコンクール・イン・アジア」で5年連続1位。「第16回浜松国際ピアノアカデミー・コンクール」では12歳と最年少で1位を受賞するなど、その才能を広く知らしめました。

日本人ピアニストとしては異例の12歳という若さでCDデビュー。以来、各地でリサイタルを行い、ワルシャワ国立フィルなど海外の楽団による日本公演のソリストとしても活躍。さらに、「10代の終わりに、自分の演奏や作品を見つめ直すために」と昨年行われた「第10回浜松国際ピアノコンクール」に参加、2位の受賞を果たしました。

ⒸAriga Terasawa

和歌山を訪れるのは今回が初めて、と言う牛田さん。「初めての土地で演奏することは、いつもとても楽しみ。和歌山の方々と素晴らしい音楽を共有できたら」と話します。「プログラム内容はショパンのバラード第1番や24の前奏曲、リストのロ短調ソナタなど、物語性の強い作品をメインに構成しています。音色から感情や風景といったドラマを感じてください」

鑑賞チケットを読者2人にプレゼント。応募方法は下記を参照。リサイタルに関する問い合わせは県民文化会館へ。

タイトル 牛田智大ピアノリサイタル
日時 10月21日(月)
午後7時開演
場所 和歌山県民文化会館 小ホール
料金 全席指定3500円
※小学生以上(未就学児は入場不可)

【応募方法】
〒住所、氏名、年齢、電話番号をはがきに明記し、〒6408557(住所不要)和歌山リビング新聞社「牛田智大ピアノリサイタル」係へ。メールはliving@waila.or.jpの同係へ。10月14日(祝)必着。当選発表はチケットの発送をもって代えます
【問い合わせ】
073(436)1331和歌山県民文化会館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る