ママたちがオンラインでつながる
和歌山市の「ドレミひろば」で
次回は5月26日(火)午前10時半から

家に居ながら交流できる“ひろば”に

初めて開いた“オンラインドレミひろば”の様子(ブログ掲載の写真より)

主に未就園児の子どもをもつママやパパが、子ども連れで遊びに行ける和歌山市の地域子育て支援拠点施設。現在は新型ウイルスの感染拡大を予防するため、どの施設も利用できなくなっていますが、こうした状況を受け、支援拠点の一つ「ドレミひろば」(同市田尻、南保健センター併設)が、オンラインによるママたちの交流を始めました。

これら支援拠点では、施設は利用できないものの、それぞれの開設日時に合わせてスタッフが常駐、電話による相談などを受け付けてきました。「電話だけじゃなくて、手軽に顔を見て話せたり、複数人のママたちが一緒に話せる方法を検討をしてきました」と話すスタッフの松原こずえさん。そこで、Zoomを使った交流会を企画。5月1日に初めての“オンラインドレミひろば”を行いました。この日は、会を進めるホスト役のスタッフ2人を含めた9組が参加。「初めての試みで少しバタバタしましたが、『顔を見ながら話せたのがよかった』と参加者には好評で、私たちスタッフも久しぶりに利用者さんたちのお顔が見れてうれしかったです。家に居ながら、ママや子どもたちがつながれる新しい“ひろば”のかたちになると実感しました」と松原さん。

引き続き11日には、「お気に入りの絵本を紹介しあおう」をテーマに交流会を実施。「何かテーマがあった方がおしゃべりしやすいんじゃないか…ということになって、2回目以降はテーマを設定しました」とのこと。次回は、5月26日(火)に「スタッフとあそぼ!」をテーマに、画面を使った“まちがい探し”や“これなぁに?”遊びをする予定(詳細下記参照)。

お問い合わせ ドレミひろば
電話番号 073(488)6767

オンラインドレミひろば
スタッフとあそぼ!

5月26日(火) 午前10時半から30分程度
【定員】6人(先着)

申し込みは、下記URLからLINE(ライン)で友だち追加→「5月26日オンラインドレミひろば参加希望」と名前を入力してメッセージを送信→ドレミひろばから、当日参加のためのURLとIDが送られてきます
※カメラ付きPCから参加、または事前にスマートフォンにZoomアプリをダウンロード
▶LINE(https://line.me/R/ti/p/%40kig7594p)

その他、これまでのオンライン交流会の詳しくは、ドレミひろばのスタッフブログで紹介されています
▶URL(http://doremi.ikora.tv/ )

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る