ライバルを出し抜く 番組企画の必殺技とは!?

ツムジ

「おはよう朝日です」
MC交代劇の裏にある真相?

桜に心奪われる今の時季、新番組もまさに百花繚乱(ひゃっかりょうらん)である。特にこの春は数年に一度とも言える大改編。各局、裏番組を倒すべく躍起だ。では、具体的にどう倒すのか? 実はテレビ業界にはライバルを倒す禁断の必殺技がある。それは「裏番組をつぶすのなら、あえて同じ企画のバージョンアップをぶつけろ」。その時間帯には、その企画を観ている固定客がいることは実証済み。そこで裏番組と同じような企画をよりスケールアップし、客を奪おうという魂胆だ。向こうがエベレスト登頂に挑戦するなら、こっちは宇宙旅行に挑戦だ、ということ。

20年前、「8時だョ!全員集合」の客を奪った「オレたちひょうきん族」などが良い例だ。ところが、今のご時世、分かっちゃいるけどお金がないから無理、となる。この春の新番組だと、同じバラエティーでも企画が違っていたりと、ほぼかぶっていない。その必殺技を使おうとしているのは昼の情報番組ぐらいだ。その技で倒せるのか! ? なんてことを考えながら、お花見と“テレビ観”も楽しんでほしい。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平粋も甘いも」などの番組構成を担当中。

※次回は4月11日号に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ちょっとした変化を見逃さない 周囲が気づいて早めの対応が大切 「認知症」とは、さまざまな原因で…
  2. ストロング派も低アルコール派も “私の和歌山チューハイ”を見つけよう 国税庁統計によると、成人1…
  3. 集まれ! 子ども隊員 「うみわかまもるプロジェクト」スタート SDGsは「持続可能な開発目標」と…
  4. 和歌山市近郊の人たちになじみ深い「四季の郷公園」。エントランス部分がリニューアルし、「FOOD H…
  5. 今なお、全世界で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症。この半年間で私たちの生活は大きく変化しました…

電子新聞 最新号

  1. 2020/8/6

    リビング和歌山8月8日号

    リビング和歌山8月8日号 高齢の親との会話や行動に「あれっ?」と感じたら、もしかすると認知症かもしれ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る