“リケジョ”のバイオリン講師趣味から仕事に

profile
葉加瀬アカデミー
認定コーチ 田村 夏美さん

 3歳で習い始めたバイオリン。「ずーっと趣味で続けてきて、教える側になるとは思ってもみなかった」と田村さん。大学で生物学を学び、製薬メーカーに就職。「和歌山に配属され、市交響楽団で夫と出会いました。私も夫も県外出身者なので、子どもの面倒は必然的にどちらかが。第2子出産後、夫が仕事で海外に行く機会が増え、泣く泣く退職」と。そんなときに、バイオリン仲間でもある夫が見つけたのが、「葉加瀬アカデミー」認定コーチ募集の案内。「もっと気軽にバイオリンを…」という葉加瀬太郎さんの思いを伝えるべく、今は楽しくレッスンを行っています。

田村さん流
ワーキングママのおきて
 先を考えすぎて、マイナス思考になりがちな私。ですが、育児は想定外のことが起こりすぎて、とりあえずやろうに。でも、今春、入園と入学が重なり、やっぱり戦々恐々としています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  2.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  3. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る