一般人に密着する番組が急増 でもその裏側は大変!?

テレビのツムジ

一般人に密着する番組が急増
でもその裏側は大変!?

 突然お願いして、一般人の生活をのぞき見したり、密着したりする番組が増えている。一例を挙げると、「家、ついて行ってイイですか?」「笑ってコラえて!」「ポツンと一軒家」。ほとんどがディレクター取材ものだ。タレントだと、長時間のロケは難しく、出演料もかかる。が、ディレクターだと、撮れるまで粘るので、むちゃな企画も可能だ。もちろん自分で編集するので、取材ポイントも分かっている。プロデューサーには良いこと尽くしだが、ディレクターからすると、本当に地獄だ。なにせ撮れるまで帰れない。某番組だと、ディレクターは少ない固定給があり、取材を成功させれば、ギャラが上乗せされるという。つまりは、撮れるまで、まともなギャラが入ってこない。しかも、何週間も撮れなければクビ、という過酷な環境だ。たまたま取材OKの人がいれば良いが、まあ難しい。なので、その某番組は常時50人ほどのディレクターがどこかで取材しているらしい。これは、通常の5倍近くの数。皆、一獲千金を狙い、取材を申し込む。つまり取材OKで喜ぶディレクターの笑顔は、本物なのだ。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る