万葉玉手箱

 紀伊万葉ネットワークによる「第13回万葉玉手箱」が、2月23日(土)午後1時半~3時半、和歌山県公館(和歌山市和歌浦中)で実施。同会会長で近畿大学名誉教授・村瀬憲夫さんが「阿川弘之著作・“雲の墓標”と万葉集」について、同会幹事・林芳雄さんが「万葉集と私・戦中、戦後そして現代」をテーマに、思いを語ります。定員25人(先着順)。参加費300円(資料代)。申し込み方法など、詳細は下記へ。

イベント日2月23日(土)
問い合わせ紀伊万葉ネットワーク・木綿さん
電話073(455)1203
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街のイベント

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る