世界で評価が急上昇中の「日本ワイン」
和歌山産ワインに注目

リビング和歌山11月13日号「世界で評価が急上昇中の「日本ワイン」和歌山産ワインに注目」

毎年11月の第3木曜はボージョレ・ヌーボーの解禁日。来週になるとフランスから新酒ワインが続々と入荷されますが、今回は、和歌山産ワインのお話。和歌山県内に2つのワイナリーがあることはご存じでしょうか?

ブドウ栽培・醸造に造り手のこだわり
「和歌山ワイナリー」「湯浅ワイナリー」

まずは、国産ワインのうんちくを少し。国産ブドウを使った国内製造の果実酒を「日本ワイン」、国内製造でも輸入ワインや濃縮果汁などが原料に含まれるものを「国内製造ワイン」と定義されています。特に「日本ワイン」は、ブドウ栽培や醸造に造り手のこだわりが反映され、近年品質が著しく向上。国際コンクールでも評価されています。

「日本ワイン」の生産量はまだまだ少量ですが、ほぼ日本全国で造られていて、和歌山県では、「和歌山ワイナリー」と「湯浅ワイナリー」が醸造。どちらも石油関連を中心に幅広い事業を展開する「TOA(ティーオーエー)」(有田市初島町)が運営しているのですが、コンセプトが相異なり、それぞれに個性あふれるワインを造っています。

個性が光る自然派と正統派

「和歌山ワイナリー」と「湯浅ワイナリー」。どちらも丹精込めてワインを造っていますが、ちょっと性格が異なるよう。ワインエキスパートの資格を持つフリーアナウンサーの津山理美さんと一緒に両ワインを楽しむ「大人女子旅」も企画しました。参加してね!

ブドウ栽培から醸造まで手掛ける
自然派の和歌山ワイナリー

2015年6月、和歌山県初のワイナリーとして有田川町で創業した「和歌山ワイナリー」は、「何も足さず、何も引かない、極力自然のままで」がコンセプト。創業に先駆け14年に、使われなくなった好立地のみかん畑にワイン専用品種のブドウの苗木を植樹。現在は、有田市と有田川町にそれぞれ約5000平方メートルずつの自社畑を保有し、試行錯誤しながら、シャルドネ、ピノグリ、メルロ、カベルネ・フランなど8品種約4000本を減農薬で栽培。その自社畑でできるブドウだけを使い、昔ながらの設備を備えた工場で天然酵母で発酵させ、無ろ過・非加熱で瓶に詰めます。「ブドウ栽培から醸造まで純和歌山産にこだわり、ブドウ本来の味を生かした自然派ワイン。一本一本に造り手の思いを込めて届けています」と栽培・醸造責任者の南口義彦さん。

年間生産量は約1万本(720ml換算)。今夏完成した20年の新酒は9種類で、「和(わ)シリーズ」として発売中ですが、白ワインは完売。
和歌山ワイナリー 和歌山ワイナリー工場

和歌山ワイナリー

住所 有田川町垣倉50-10
電話 0737(53)2290
ホームページ https://www.wakayama-wine.jp/
備考 工場は非公開
ブドウ畑は見学可

和メルロ2020
3520円(720ml)

和メルロ2020 3520円(720ml) 有田産メルロを100%使用。ステンレスタンク発酵・熟成。開栓後、時間の経過とともに味わいが変化。

和メルロ木樽熟成
4950円(720ml)

和メルロ木樽熟成 4950円(720ml)  上記「和メルロ」を木樽熟成。初々しさの残る果実味、酸味が樽の中でより複雑でツウ好みに。

※シャルドネ、マルヴァジアなど白ワインも「和」シリーズで展開していますが、好評につき完売

気になるワインはこちらで

厳選品種を“醸造のまち”で
正統派の湯浅ワイナリー

一方、「湯浅ワイナリー」は19年4月、しょう油発祥の地であり、発酵に関する伝統と技術が受け継がれる湯浅町で誕生。こちらのコンセプトは、「ぶどうの持つポテンシャルを極限まで引き出す」。日本全国ワイン用のブドウ産地から、その年の最も良い品種を厳選して仕入れ、最新鋭の設備がそろう工場で醸造。発酵には人工酵母が使われ、各工程でワイン醸造歴38年の工場長と長年さまざまな酒造りに携わってきたベテラン醸造長の経験と知識が生かされています。「良い原材料を仕入れ、基本を守りつつ、丁寧に仕込んだ正統派ワイン。まだまだ若いワイナリーなので、今後“熟成”されるに連れて、もっとおもしろいワインができてくるはず」と工場長・西馬功さん。 年間生産量は約8万本(720ml換算)。20年の新酒から、赤ワインやスパークリングワインが加わり、果実酒「TOA200」シリーズに加え、和歌山の果実とワインをブレンドしたリキュール「勹果(ほうか)」も展開中。
湯浅ワイナリー 湯浅ワイナリー工場

湯浅ワイナリー 工場長・西馬功さん

湯浅ワイナリー 工場長・西馬功さん

湯浅ワイナリー

住所 湯浅町栖原332
電話 0737(63)0061
ホームページ https://yuasa-winery.jp/
営業時間 午前9時~午後5時
定休日 土・日曜、祝日
備考 工場見学可、試飲室もあり
(土・日曜、祝日は要予約)

TOA200海(赤)2020
2200円(720ml)

TOA200海(赤)2020 2200円(720ml) 山梨県産北杜(ほくと)の雫(しずく)、プティ・ヴェルドと長野県産カベルネ・フランをブレンド。ステンレスタンク発酵・熟成。

TOA200風(赤)2020
3300円(720ml)

TOA200風(赤)2020 3300円(720ml)   上記「海」を木樽熟成。色が濃く、ベリー系の香り、凝縮された果実味が感じられ、シャープな酸味も特徴。

TOA200海(白)2020
2200円(720ml)

TOA200海(白)2020 2200円(720ml)  糖度と酸度が高い山梨県産シャルドネを100%使用。ステンレスタンク発酵・熟成。甘味を少し残した辛口。

TOA200風(白)2020
3300円(720ml)

 上記「海」を木樽熟成。軽やかなスッキリとした味わいに、木樽ならではの濃厚な深みが加わっています。

勹果 各1540円(375ml)
紀州南高梅&白ワインスパークリング
紀州南高梅&赤ワインスパークリング

勹果 各1540円(375ml) 紀州南高梅&白ワインスパークリング 紀州南高梅&赤ワインスパークリング 紀州南高梅の豊かな香りと優しい甘味に、スパークリングの爽快感をプラス。赤・白でクリスマス、お正月にも。

TOA200ナイアガラ
スパークリング
1320円(375ml)

TOA200ナイアガラ スパークリング 1320円(375ml) 長野県安曇野産ナイアガラを100%使用。香りと甘さは控えめに、ほど良い酸味でスッキリした味わい。

勹果 各1320円(375ml)
紀州南高梅&赤ワイン
紀州南高梅&白ワイン
和歌山じゃばら&白ワイン
有田みかん&白ワイン
和歌山もも&白ワイン
和歌山ゆず&白ワイン

勹果 各1320円(375ml) 紀州南高梅&赤ワイン  紀州南高梅&白ワイン  和歌山じゃばら&白ワイン  有田みかん&白ワイン  和歌山もも&白ワイン 和歌山ゆず&白ワイン
梅、じゃばら、みかん、もも、ゆず。和歌山産の果物をぜいたくに使い、ワインとブレンド。どれもまろやかな口当たりで、果実の酸味、甘味、香りをワインが包み込んでいます。

湯浅ワイナリーで試飲
SATOMIのワインレビュー

北杜の雫の赤ワインは初めて飲みましたが、色がすごく濃いのにライトボディーでびっくり。「海(赤)」は酸がきれいでエレガント。同じ品種でも「風(赤)」は時間とともに表れる木樽の上品な香りが楽しめます。どちらも和食に合わせたいですね。特にみそやしょう油のコクのある料理には木樽熟成がマッチすると思います。「海(白)」は味わいも香りもスッキリでお造りに、「風(白)」はボリュームも感じられるのでクリーミーなお料理にもぴったり。

フリーアナウンサー津山理美さん

津山理美さん
フリーアナウンサー。ワイン好きが高じて「ワインエキスパート」の資格を取得。エフエム和歌山、和歌山放送などでパーソナリティーを務めています

気になるワインはこちらで
「湯浅美味いもん蔵」で買えて、「ミソノバル」で飲めるよ!!

湯浅美味いもん蔵

湯浅美味いもん蔵 TOAが運営する湯浅町・和歌山県の特産品販売店。2階にはレストランを併設(午前11時~午後3時)

住所 湯浅町湯浅2708-5
電話 0737(63)0200
営業時間 午前10時~午後5時
定休日 水曜、年末年始
ホームページ https://yuasawinery.thebase.in/

ミソノバル

 みその商店街にある隠れ家風スペイン居酒屋。パエリアやアヒージョなどお酒に合う欧風メニューを提供。同じくTOAが運営しています。

住所 和歌山市美園町5-8-7
電話 073(425)0088
営業時間 午後6時~11時
定休日 水曜 ※日曜は予約営業
Facebook https://m.facebook.com/misonobar

リビング大人女子旅 わかやまリフレッシュプラン3rd割引適用 津山さんと行く! 湯浅でワイン満喫ツアー

リビング大人女子旅 わかやまリフレッシュプラン3rd割引適用 津山さんと行く! 湯浅でワイン満喫ツアー

料理とワインの写真はイメージ。右下はグラスマーカー

紙面で紹介した湯浅ワイナリーを訪れ、ワインと料理のペアリングを楽しむ大人女子旅を企画しました。「ミソノバル」の坂口宗誠店長が、湯浅ワイナリー、和歌山ワイナリーのワインに合うランチを、ツアー参加者のためだけに振る舞ってくれます。フリーアナウンサーの津山理美さんも同行。ラジオのあれこれやワインのうんちくを楽しく話してくれます。

出発日 12月18日(土)
旅行代金 1万5000円
(バス代、昼食代、体験料含む)
※下記リフレッシュプラン適用で7500円
最少催行人数

18人
(女性一人参加歓迎、男性だけの参加は不可ですが、カップル、夫婦の参加はOK。バスは1人2席利用、定員22人程度)

備考

※新型コロナウイルスの感染拡大によりツアーを中止する場合あり

行程

JR和歌山駅東口
(午前9時30分出発)

湯浅ワイナリー
(見学・グラスマーカー作り体験)

湯浅美味いもん蔵
(ワイン試飲・食事・ショッピング)
勹果シリーズ(試飲)、グラスワイン(スパークリング1種、赤2種、白1種)、前菜盛り合わせ、メーン料理(肉)、パスタを予定

湯浅伝統的建造物群保存地区
(自由散策)

湯浅醤油
(しょう油蔵見学・ショッピング)

有田箕島漁協直営産直市場「浜のうたせ」
(自由行動・ショッピング)

JR和歌山駅東口
(午後5時半ごろ到着)

※添乗員同行

本ツアーは「わかやまリフレッシュプラン3rd」の対象で、和歌山県在住の人はツアー料金の割引(総旅行代金の2分の1以内)が適用されます。詳細は「わかやまリフレッシュプラン販売促進事務局」のホームページ参照(HPはこちら)。電子チケットの抽選申し込みは11月9日で終了していますが、チケットを持っていなくても割引後の金額で利用できます。

中紀バス・マリンツアー予約センター

電話 0120(889)873
営業時間 午前9時~午後6時
定休日 土・日曜、祝日
住所 和歌山市井ノ口544-2 和歌山営業本部(和歌山県知事登録旅行業第2-101号)
備考 ※詳しい内容・旅行条件は旅行書類で確認を。新型コロナ予防対策について、送付する書面で確認ください
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る