世界遺産登録10周年 わかやまDCガイド

20140913top

今年、「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されて10年。これを記念して、和歌山県と県内市町村、観光関係団体、JRグループが、9月14日(日)~12月13日(土)の期間、「和歌山デスティネーションキャンペーン」を開催。この期間でしか味わえない和歌山の魅力を満喫しませんか。

DC期間中ならではの特別企画が目白押し
スペシャルな旅を満喫しよう!

9月14日(日)〜12月13日(土)の3カ月間、「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産登録10周年を記念して開催される「和歌山デスティネーションキャンペーン」。14日に白良浜で行われるオープニングセレモニーを皮切りに、県内各地でさまざまな催しを展開します。

「1万人のウォーク&トレッキング」をはじめ、「紀の国トレイナート2014」、有名フードスタイリスト考案の「駅弁&宿ごはん」など、特別企画を多数実施。2面では、期間中行われるイベントの中でも一押しのものをピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

ところで、熊野詣が日本の庶民観光のルーツということはご存知? 和歌山県観光局の山西毅治局長はこう話します。

「熊野信仰の源流は自然崇拝で、古くから神々が住む聖地としてあがめられてきました。平安時代から盛んに行われた熊野詣は、山々を越える厳しい道のり。しかし、その苦行の末に辿り着く熊野こそが浄土の世界といわれ、皇族をはじめ、多くの人々が訪れました。やがてこの参詣の旅は江戸時代にブームとなる『お伊勢参り』に続きます」。

日本の観光の歴史をみると、始まりは巡礼の旅であり、その起源は熊野詣にあるとのこと。キャッチフレーズ「和み、和らぐ。和歌山からはじまる旅。」には、日本人の旅の原点ともいえる和歌山で、心和み、心身ともに癒やされる旅をしてもらいたいという思いが込められているそうです。

最後に、山西局長は「県民の皆さまには和歌山の魅力を再発見してもらい、自らがセールスマンとなって県外の方にPRしていただきたいです」と話します。

この秋、県外に住む友人や家族に、和歌山の魅力をどんどん発信していきましょう。

紀の国トレイナート2014

 DCと同時開催される列車とアートのプロジェクト「紀の国トレイナート2014」。10月24日(金)~26日(日)の3日間、アートフェスを開催。全国から集まったアーティストが、JRきのくに線の南部駅~新宮駅の駅舎やその周辺でアートな空間を生み出します。3日間は各駅舎を巡る臨時列車が運行。さらに、子どもたちからデザインを募り、ラッピングした「デザイン列車」も運行します。他にもさまざまな催しが展開されているので、要チェック!

紀伊新庄駅

train

伝言板プロジェクト
榊貴美(現代美術)

ホームの壁一面に、楽しそうな子どもたちが出現。黒いシルエットは黒板素材で、チョークで自由に描けるようになっています。かわいいイラストを描いてもよし、誰かに思いを伝えてみるのもよし! 自由な発想で描いてみましょう

和深駅

train

映画「たまご」製作資料館
平野功二(写真家)

高校3年の女子高生が進路への不安や恋、父娘関係に悩み、葛藤しながらも、周囲の人の生き方に触れ、夢を信じて歩み始める旅立ちの物語。駅舎では、撮影風景などの資料が展示されます。また、同作品の予告の上映も

interview

train

天候に左右されながらも8月中旬に無事クランクアップしました。現在、編集中。作品は映画祭などに出展する予定で、海外にも発信していこうと思っています。「たまご」というタイトルには、“楕円形で真っすぐ進まない” “2人(親)の愛情に支えられている”など意味が込められていて、主人公が親の元から旅立っていく様子が描かれています。大人でも人生につまずくことがあると思いますが、主人公が頑張っている姿を見て頑張っていただければ。

太地駅

train

イルカが繋ぐアートの輪
中西静香(版画)/溝端秀章(立体)

駅舎に愛らしいイルカが登場! 太地町が田辺市にイルカの貸し出しを行うなど、親交のあつい両市町。この友好の証として、太地駅にイルカをはじめとする動物たちの壁画や像が出迎えてくれます

interview

train

「紀の国トレイナート2014」実行委員長兼アートディレクター
廣本直子さん
「紀の国トレイナート」は、電車に乗るだけで参加できるイベントです。各駅停車に乗って、紀南の車窓風景を楽しみながら、さらにアートも楽しめます。土地に根差したものを各駅のコンセプトにしているで、風景にうまく調和していると思います。忙しい時間を過ごしている中で、各停に乗ることはなかなかないと思いますが、“人生が旅”というふうに感じてもらえれば。他にも紀南には魅力がたっぷりあるので、ぜひ1泊してゆっくりと巡ってください。

紀の国トレイナート問い合わせ先

紀の国トレイナート実行委員会事務局
TEL:080(9476)6390
TEL:0739(22)5064
http://trainart.jp/

■おすすめイベントPick Up!

その他、イベントは多数開催されているので、詳しくはDC公式ホームページをチェックして
わかやまDC イベント情報一覧

■「おもてなし宣言」に参加を!

わかやまDC おもてなし宣言

わかやまDC問い合わせ先

問い合わせ先和歌山デスティネーションキャンペーン推進協議会
(和歌山県観光振興課内)
電話番号073(441)2775
FAX番号073(432)8313
webサイトhttp://www.wakayamadc.jp/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

おすすめ記事

  1. 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済へ不安を抱えている中、和歌…
  2. 自分の心と仲良くなれる方法を知ってしなやかに新しい時代を生きる 今までにない日々の過ごし方が余…
  3. 花束の形は大きく分けて2種 仕上がりをイメージ、花の特徴を生かして 花束の形は大きく分けて、全ての…
  4. 不要不急の外出自粛が求められる中、学校もお休み、仕事もテレワークと、“巣ごもり生活”を余儀なくされ…
  5. 防犯対策や居場所の確認、連絡手段に必要などの理由から、小学生など子どもにもスマートフォンを持たせる家…

電子新聞 最新号

  1. 2020/5/21

    リビング和歌山5月23日号

    リビング和歌山5月23日号 新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中の多くの人が感染への恐怖や経済…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る