今日から始める ボタニカルライフ グラスサンド&多肉編

インテリアやコスメ、ファッションなど、各分野で注目されている「ボタニカル」。生活空間にグリーンがあるだけで、日々の暮らしに癒やしと安らぎが〝プラス〞されますよね。お手軽・簡単、そしてオシャレなボタニカルライフを〝趣味〞に加えませんか。

透明のグラスに青や赤などのカラフルな砂を、地層のように積み重ねて、幾何学模様や絵を描く「グラスサンドアート」。グラスの中でいろいろな表現ができるのも魅力です。多肉植物やミニチュアなどを飾れば、インテリアのオブジェとして部屋を彩ってくれます。夏の思い出として親子でチャレンジしてみて!

グラスサンドと多肉 —夏を涼やかに演出—

【材料】

好みの多肉、カラーサンド、白石、洗浄して乾かしたハイドロカルチャー専用土、グラス、スプーン、スポイト、竹串、紙で作った筒

グラスに0.5cmほどの高さまでカラーサンドを入れます。グラスの縁にスプーンを沿わせながら、カラーサンドを注ぎます。ぴったりと縁に沿わせることで、自然に山型になり、層ができていきます。

1cmの高さまでカラーサンドを流し入れます。その後、筒を中央に立て、ハイドロカルチャーをカラーサンドよりも少し高めに注ぎます。カラーサンドとハイドロカルチャーを交互に入れ、模様を描きます。

グラスの7分目の高さになったら、中央に竹串をさし入れ、カラーサンドの色が変わるまで、竹串に沿わせ、ゆっくりと水を染み込ませます。水分を含ませることで、砂が固定されます。

白砂を敷き、竹串を使って多肉を植えます。高さをそろえ、かためて植えると、かわいらしく仕上がります。水は1週間~2週間に1回、ペットボトルのキャップ1杯分を多肉植物の根元にあげてください。

【取材協力】chigu-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚れなどが気になってきます。また…
  2. スピードクーラー (レギュラータイプ)(10人)  全国的に夏日が続いています。暑い夏に、もし災害…
  3. 立野
    野菜のプロフェッショナル 立野眞生(たての まさお) ■プロフィール 1975年、和歌山県生まれ…
  4. 花や木がいきいきと育つ、みずみずしい季節になりました。今回は、世界三大○○として認められている、ジャ…
  5. 世界初の実用的カメラが誕生して今年で180年。写真技術の進化には和歌山県の企業も深く関わっています…

電子新聞 最新号

  1. 2019/6/13

    リビング和歌山 6月15日号

    リビング和歌山 6月15日号  使うほどに味わいが深くなる革のバッグや財布。毎日使っていると、傷や汚…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る