兄弟別の保育園でもなんのその優しくたくましいリケ女ママ

profile
花王 研究職
山田 美穂さん

 家庭で当たり前のように使われている“あの製品”の商品開発研究に携わっている山田さん。第2子を出産後、今年5月に職場復帰。「やっと生活のペースがつかめてきたところ。今は仕事より家庭の方が大変かな」。長男と次男が別々の保育園に通っているので、パパとママがそれぞれ保育園に送り届けてから、同じ職場に出勤。帰りは時短勤務中のママが2人を迎えに行って帰宅。「今は日が長いのもあって、なかなか帰らせてくれず必ず公園で寄り道。帰ってからが忙しいのに」と苦笑い。わんぱく盛りの息子に優しく叱っているのが印象的でした。

山田さん流
ワーキングママのおきて
 夕食を食べてから子どもが寝るまでの間は、できるだけ子どもを優先。寝る前には、「今日も1日元気に過ごしてくれてありがとう」と伝えるようにしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「かけっこ」や「リレー」。“速く…
  2. 煮物では食べにくい冬瓜も、炒めてカレー味に、そしてチーズもトッピングすれば分からず食べちゃいます! …
  3.  働きながら子育てをするママが増えてきました。そんなママたちに必要なのが、“保活”。まず何から始めれ…
  4.  故人の思い出が詰まった遺品の数々。整理する遺族の負担を減らすために生前の「断捨離(だんしゃり)」を…
  5. 3LED ヘッドランプ(10人)  これまで紹介した防災グッズの中でも人気商品の「ヘッドランプ」を…

電子新聞 最新号

  1. 2019/8/22

    リビング和歌山 8月24日号

    リビング和歌山8月24日号  運動会シーズンがやってきました。プログラムの中で盛り上がりを見せる「か…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る