卵を落として割れない工夫!? エッグドロップコンテストを実施

卵を落として割れない工夫!? エッグドロップコンテストを実施

「日本宇宙少年団(YAC)和歌山分団」(運営=和歌山リビング新聞社)の7月の定期活動は、22日(土)に近畿大学附属和歌山高等学校・中学校のオープンキャンパスと連携し、「エッグドロップコンテスト」を実施しました。

色画用紙2枚だけを使って卵を包むなど工夫をし、高い所から落としてその卵を割ることなく回収しようというミッションに挑戦する「エッグドロップコンテスト」。ホチキスやテープなど使える道具は限られていますが、形ややり方は自由。それぞれがアイデアを形にして、自分たちが作った“シェルター”に卵を収めて校舎4階から落下させました。オープンキャンパスに来た分団員以外の子どもたちも参加できるオープン形式で、約100人が挑戦、約10人がミッションに成功しました。

問い合せ和歌山リビング新聞社
電話073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. 風水では、財布の持つ寿命は1000日(3年程度)が限度とされていて、それ以上はいくら金運ア…
  2. 防災安心セット(車載用)(3人) 7年保存クッキー・水、使い捨てトイレ、アルミブランケット…
  3. 消費者サポートネット和歌山主催の「仮想通貨トラブルの基礎知識・仮想通貨をめぐる最新情報と今…
  4. 和歌山県立自然博物館(海南市船尾)で、1月26日(土)午前10時半~正午、普段見ることがで…
  5. きのくに子どもNPO主催の「たこ作り教室」が、1月19日(土)午後1時~3時、河北コミュニ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/1/10

    リビング和歌山 1月12日号

    リビング和歌山 1月12日号  2019年4月30日をもって、平成に幕を閉じ、5月1日から新しい元号…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 2019年4月30日をもって、平成に幕を閉じ、5月1日から新しい元号になります。平成の時代に生…
  2. 防災安心セット(車載用)(3人) 7年保存クッキー・水、使い捨てトイレ、アルミブランケット、伝言カー…
  3. 年末年始号
    日本のロック界を代表するアーティストに昇り詰め、和歌山出身の有名人の中でも、“超メジャー級”のHY…
  4. 大根は生で食べれば栄養満点! ミカンと一緒にジュースにすることで、おいしく飲めます 《材料(4人分)…
  5. 近鉄百貨店、リビング和歌山コラボ、クリスマスハンドメイドマーケット
    日時 2018年 12/19(水)~25(火) 10:00~19:00※最終日のみ16:00…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る