収穫が楽しみな庭づくり講座④ 植え付けも栽培も手間入らず 根株からアスパラガスを育てよう

水はたっぷり、雨は避けて
1株で30~40本、10年近く収穫可
20150131housing01

季節ごとにシリーズでお届けしている、“花より団子派”にもおすすめ、初心者でも失敗しにくい「収穫が楽しみな庭づくり」。今回は、春の訪れを告げるアスパラガスのお話です。

「アスパラガスは簡単に育てられ、一度植えると10年近く収穫できます」と説明するのは、庭づくりと園芸の専門店「ガーデナーズジャパン」(海南市南赤坂)の中野誠介店長。

用意するのは、園芸店やホームセンターなどで販売されている「根株」と培養土、底の深い鉢やフェルトプランター(高さ45センチ以上)。「ビニールポットで育てられている種から発芽した苗だと、収穫まで2、3年かかります。根株は、今植えると3~4月には食べられ、梅雨ごろまで、おいしくいただけます」と言います。

アスパラガスの根株は1000~2000円で販売されています。植え付け時は、根先を広げて

アスパラガスの根株は1000~2000円で販売されています。植え付け時は、根先を広げて


植え付けは、鉢やフェルトプランターに少し土を入れて、低い山を作ります(鉢底石は不要)。それに根株をねじ込むようして根先を広げ、株の上5センチ以上のところまで土をかぶせて、水をたっぷりあげれば終了。

「アスパラは乾燥を嫌うので水は毎日あげて。ただし、雨に濡れると菌が繁殖しやすくなるので、軒下など日当たりが良く雨がかからないところで育てるのがベスト。あと、春先に肥料をあげるのを忘れないで」と。

収穫は、新芽が伸び始め、15センチくらい育ったところでカット。甘みがあって生でも食べられ、1株で1シーズン30~40本程度とれるそうです。夏場も芽はどんどん出てきますが、1年目は収穫しすぎると株が弱くなってしまうので梅雨を目安にストップ。葉を茂らせて11~12月に根元からハサミで断裁してあげると、翌年も芽を出します。

ちなみに、一般家庭ではなかなか難しいですが、「グリーンアスパラガス」の根株を買って、光や風を遮って育てると「ホワイトアスパラガス」もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

関連キーワード

うんちフェス

おすすめ記事

  1. 1月25日の“主婦休みの日”にちなんで、リビング読者にスペシャルプレゼント! ホテルや温泉宿で日ごろ…
  2.  抜け毛や薄毛でお悩みの人も多いはず。最近はAGA(エージーエー)という言葉もよく聞かれるようになっ…
  3.  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されているのが和歌山県北山村特産の…
  4.  リビング新聞からのお年玉は「ゴールドに輝く地域ブランド」。全国リビングネットワーク・提携各紙から、…
  5.  さぁ、2020年の幕開け。2020年注目の話題といえば、やはり東京五輪・パラリンピックではないで…

電子新聞 最新号

  1. 2020/1/23

    リビング和歌山 1月25日号

    リビング和歌山1月25日号 1月25日の“主婦休みの日”にちなんで、リビング読者にスペシャルプレゼン…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る