和歌山の空き家事情① 全国でも高い県の空き家率 中古住宅の促進など対策

10年以上の空き家物件が全体の約4割

誰も住まなくなった建物が放置されたままの空き家。そのままにしていると、倒壊の危険や景観の悪化など、多くの問題が起こってきます。
総務省の「2013年住宅・土地統計調査」によると、空き家数は全国で820万戸、うち和歌山県は8万6000戸でこの20年で1・7倍に増加。空き家率は18・1%と全国でも3番目に高く、空き家の状態に応じた適切な対応が必要になっています(グラフ参照)。
和歌山県建築住宅課によると、空き家には「賃貸用」「二次的住宅(別荘など)」「売却用」「その他」の4種類あり、「その他」の割合が、4万8200戸と全体の約6割を占めているとのこと。
「その他」とは、買い手や借り手を探しているわけではなく、そのままに置かれている状態のことで、住まなくても維持管理を行っていれば問題はありませんが、放置が長引くと問題が起こってくる確率が高くなります。同課は「昨年行った空き家に関するアンケートからは、空き家になってからの期間が10年以上というのが全体(1179件)の約4割(453件)を占めていることが分かり、新たな対策へと動いています」と話します。
一方、従来の空き家対策も徐々に実を結び、県内の中古住宅の成約件数(戸建て、マンション)は、2014年449件、2015年497件、2016年503件と年々増加傾向に(近畿レインズ調査)。同課は「世帯数が減る中、空き家の発生を抑制するためには、今まで以上に中古住宅の流通促進が必要になってきます」と話します。
県は新年度も空き家対策に注力。インスペクション(建物状況調査)や「マイホーム借上げ制度」などで中古住宅の流通を進める他、所有者への適正管理についての啓発や、「空き家管理代行サービス」の体制づくり、管理不十分な空き家は除却・修繕するなど、方針を打ち出しています。
次回は、4月から始まる安心して中古住宅を手に入れる制度「安心R住宅」について紹介します。

和歌山の空き家事情① 全国でも高い県の空き家率 中古住宅の促進など対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 地域貢献活動の一環として、和歌山リビング新聞社が運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤ…
  2. 「シニアのための元気アップセミナー~シニアなんて呼ばせない教室~」が、和歌山市北保健センタ…
  3. LA MAISON CLOCHETTE(ラ・メゾン・クロシェット)
    和歌山県書道資料館の1階に、「食堂ことぶき」(和歌山市畑屋敷葛屋丁)の姉妹店「LA MA…
  4. pick up 落枕(らくちん)  拳を作ると出る大きな関節の、2番目と3番目…
  5. コーヒーが冷めないうちに
    後悔を抱え、過去に戻れる喫茶店へ 「とにかく泣ける!」と口コミで広がり、2017年には本屋…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山9月22日号

    2018/9/20

    リビング和歌山 2018年9月22日号

    リビング和歌山 2018年9月22日号 2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョー…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山9月22日号
     2014年から「主婦休みの日」にお届けしてきた“アライジョーズ”。さまざまなグッズを活用して、夫…
  2. リビング和歌山9月15日号
     和歌山市鳴神にある阿弥陀寺の本堂を訪ねてみませんか。江戸時代、紀州徳川家の力を知らしめるような、…
  3. リビング和歌山9月8日号
     子どもの頃、土や砂で泥団子を作ったことはありますか? 手の中で大切に、丁寧に磨くことで光沢が出て…
  4. 「ケアハート」応急手当セットポーチタイプ(5人) 消毒液やガーゼ、ばんそうこう、コットン、綿棒、包帯…
  5. 和歌山地方気象台予報官・八塚仁さん 西日本豪雨後、気象予報で倉敷市の防災支援 二次災害の防止と復旧…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る