和歌山の空き家事情① 全国でも高い県の空き家率 中古住宅の促進など対策

10年以上の空き家物件が全体の約4割

誰も住まなくなった建物が放置されたままの空き家。そのままにしていると、倒壊の危険や景観の悪化など、多くの問題が起こってきます。
総務省の「2013年住宅・土地統計調査」によると、空き家数は全国で820万戸、うち和歌山県は8万6000戸でこの20年で1・7倍に増加。空き家率は18・1%と全国でも3番目に高く、空き家の状態に応じた適切な対応が必要になっています(グラフ参照)。
和歌山県建築住宅課によると、空き家には「賃貸用」「二次的住宅(別荘など)」「売却用」「その他」の4種類あり、「その他」の割合が、4万8200戸と全体の約6割を占めているとのこと。
「その他」とは、買い手や借り手を探しているわけではなく、そのままに置かれている状態のことで、住まなくても維持管理を行っていれば問題はありませんが、放置が長引くと問題が起こってくる確率が高くなります。同課は「昨年行った空き家に関するアンケートからは、空き家になってからの期間が10年以上というのが全体(1179件)の約4割(453件)を占めていることが分かり、新たな対策へと動いています」と話します。
一方、従来の空き家対策も徐々に実を結び、県内の中古住宅の成約件数(戸建て、マンション)は、2014年449件、2015年497件、2016年503件と年々増加傾向に(近畿レインズ調査)。同課は「世帯数が減る中、空き家の発生を抑制するためには、今まで以上に中古住宅の流通促進が必要になってきます」と話します。
県は新年度も空き家対策に注力。インスペクション(建物状況調査)や「マイホーム借上げ制度」などで中古住宅の流通を進める他、所有者への適正管理についての啓発や、「空き家管理代行サービス」の体制づくり、管理不十分な空き家は除却・修繕するなど、方針を打ち出しています。
次回は、4月から始まる安心して中古住宅を手に入れる制度「安心R住宅」について紹介します。

和歌山の空き家事情① 全国でも高い県の空き家率 中古住宅の促進など対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」
     年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生100年時代、趣味や習い事、かつての夢…
  2. 小さな頃から食卓に並ぶおかずや、学校帰りに食べた思い出の味…。地域の人々から、愛され続ける味を紹介す…
  3.  戦乱の世に終止符を打ち、江戸幕府を開いた徳川家康をまつる、紀州東照宮(和歌山市和歌浦西)の大祭「和…
  4. ゴールデンウィークならではのこども向けワークショップが、4月27日(水)~5月3日(火)まで近鉄百…
  5. リビング和歌山4月30日号「まだまだ見~つけた!神出鬼没のキッチンカーPart3」
     昨年、2回にわたって掲載した「キッチンカー特集」。おいしさと笑顔を運ぶかわいいキッチンカーたちに…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山5月21日号「踊り・笑い・輝け、シニア世代 チアダンスのチームが誕生!」

    2022/5/19

    リビング和歌山5月21日号

    リビング和歌山2022年5月21日号 年齢を重ねると諦めることが増えると思いがち…。いやいや、人生1…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2022/5/19

    2022年5月21日号
  2. 2022/5/12

    2022年5月14日号
  3. 2022/5/5

    2022年5月7日号
  4. 2022/4/28

    2022年4月30日号
  5. 2022/4/21

    2022年4月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る