和歌山大学発の企業が開発
パワーアシストスーツ販売へ

農作業をはじめ、力仕事をサポートするロボット

パワーアシストスーツの特徴を紹介する八木教授

パワーアシストスーツの特徴を紹介する八木教授

4機能タイプ。20㌔のコンテナの上げ下げに掛かる労力を半減

4機能タイプ。20㌔のコンテナの上げ下げに掛かる労力を半減

中腰姿勢を保持するタイプ

中腰姿勢を保持するタイプ

厳しい姿勢で掛かる負担を軽減

厳しい姿勢で掛かる負担を軽減

和歌山大学発のベンチャー企業「パワーアシストインターナショナル」が、作業用ロボット「パワーアシストスーツ」を発売。10月11日、報道関係者向けに発表が行われました。

同大の名誉教授・八木栄一さんが開発。重い荷物の持ち上げ、持ち下げ、中腰の姿勢保持、歩行をアシストする4機能タイプと、中腰姿勢保持に特化したタイプの2種。和歌山県で需要が多いと考えられる農作業の負担軽減に役立てようと、長年研究開発が行われてきました。

スーツがアシストする力は10~15キロ。モーションセンサーが人の動きを感知し、体をひねった厳しい姿勢などの負担を軽減します。長時間の作業でも疲れにくく、楽に作業できるのが特徴。1度の充電時間は2時間で、3~4時間作動。「農家の皆さんの協力を得て、さまざまな意見を元に開発に取り組んできました」と八木教授は話します。

どちらもリュックのように背負って装着。4機能タイプが4・7キロ、中腰姿勢保持タイプが4・4キロと軽量で、コンパクトなサイズ感で、初心者でも簡単に着脱ができます。八木教授は、「開発当初は、全身のサポートを目指しており、スーツ自体の重さが40キロ近くありました。その後、腰のサポートに焦点をしぼり、改良を重ねて10キロ、7キロと軽量化を図り、4キロ代まで軽くすることに成功しました」と。

同スーツは、農作業だけでなく、物流や建設、介護の現場での作業に活躍が期待されます。まずは来年2月、4機能タイプ(100万円)、中腰専用タイプ(60万円)が、各10台、研究の協力企業を優先に販売される予定。今後は、農作物の収穫時期などに合わせて利用できるよう、レンタルなども考えられています。

ホームページ http://www.pai.co.jp/
問い合わせ パワーアシストインターナショナル
TEL 073(488)3211、または080(4091)8172
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…
  2.  庶民の社交場、憩いの場として親しまれてきた公衆浴場「銭湯」。タイル柄や照明など、昭和レトロな感じ…
  3. 地域とのつながりを大切に これからも暮らしに役立つ情報を 1979年10月に「和歌山リビング新聞」…
  4.  クラフトビールに続き、お酒好きの間で話題となっているのが、クラフトジン。国産のジンが各地で開発さ…
  5. 《材料(4人分)》 ●里芋8個(約300g)●サツマイモ(小ぶり)1本(約200g)●無調整豆乳…

電子新聞 最新号

  1. 2019/10/10

    リビング和歌山 10月12日号

    リビング和歌山 10月12日号 庶民の社交場、憩いの場として親しまれてきた公衆浴場「銭湯」。タイル柄…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る