和歌山市北部の建造物を巡る 「わかやま・まち歩きMAP」を作成

和歌山市北部の建造物を巡る
「わかやま・まち歩きMAP」を作成
和歌山県建築士会が、地域の魅力を発信

テーマに合わせて7つのコースを紹介

「マップをつなぎ合わせると、和歌山市内の地図になるようデザインしています」と話す中西さんと野津さん㊧

「マップをつなぎ合わせると、和歌山市内の地図になるようデザインしています」と話す中西さんと野津さん㊧

健康ブームを追い風に、ウオーキング愛好家が増える中、地元の観光スポットなどを巡る「まち歩きマップ」が人気を集めています。そんな中、自分の住むまちの魅力を再発見してもらおうと、和歌山県建築士会が、和歌山市内の歴史・文化的建造物を見て回る「わかやま・まち歩きMAP(マップ)①」を作成しました。

わかやままち歩きMAP①

わかやままち歩きMAP①

マップは、和歌山城から北側半径約3キロのエリアで、JR和歌山駅、紀和駅、南海電鉄和歌山市駅を拠点に、「熊楠が歩いた道」「太田城水攻め遺溝を巡る」「大和街道の物語」など、テーマ別に7つのコースを紹介。各スポットの写真と説明文に加え、距離と所要時間が記されています。

この取り組みは、同会と県建築士事務所協会、日本建築家協会近畿支部和歌山地域会でつくる「建築三団体まちづくり協議会」が、和歌山市の「わかやまの底力・市民提案実施事業」の採択を受け実施。各団体がそれぞれテーマを設けて進めています。

同会副会長の中西重裕さんは「地域の特色が分かるようなスポットを選び、まとめています。歴史を振り返ったり、想像を膨らませたりして楽しんでもらえれば。この事業とは別に“マップ②”も作る予定です」と今後についても説明。制作に携わった建築士の野津佑紀さんは「マップは1センチを50メートルとして作っているので、定規を当てるだけで距離が分かり、とても便利です」とPRしています。サイズはA5判、発行は3000部。無料。同会で配布中。

また、同会は地域に眠る歴史的建造物の保存・活用に関わる専門家を養成する「第6回和歌山ヘリテージマネージャー・サポーター養成講座」を実施(下記参照)。講義や実技、まち歩きを通して知識を深めます。申し込み・問い合わせは同会へ。

和歌山ヘリテージマネージャー(HM)と ヘリテージサポーター(HS)養成講習会

期間2018年8月18日(土)~2019年2月23日(土)
※延べ10回
場所和歌山県建築士会館(和歌山市ト半町)
対象HMは1・2級建築士、木造建築士
HSは資格が無い人
定員30人
締め切り8月10日(金)
申し込み・問い合わせtel.073(423)2562 県建築士会内・育成事業実行委員会
※日程や内容、受講料などの詳細は問い合わせを
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. ヘアブラシで頭皮ケアとつや出し“根起こし”でボリュームアップも 毛髪関連事業を手掛ける「アデランス」…
  2.  「健康増進法」が改正され、4月1日から全面施行。今回の改正の大きな目的は、他人が吸うたばこから発生…
  3.  昨今の仏像ブーム。今回は連載中のコラム「仏像のよこがお」の拡大版。大きい、古い、珍しいなど、間近で…
  4.  塩焼き、 みそ煮、バッテラ、きずし…、昼の定食にも晩酌にも万能魚“サバ”。総務省統計局「家計調査」…
  5.  あなたの周りに、“レアな日生まれ”の人はいますか。今号は、2月29日発行。この機会に、普段なかなか…

電子新聞 最新号

  1. 2020/3/26

    リビング和歌山 3月28日号

    リビング和歌山3月28日号 女性にとって、髪は“美の象徴”であり、見た目に大きな影響を及ぼします。美…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る