地元の特産物の健康商品で 元気と笑顔をサポート

中野BC通販部ヘルスケア課
森本 志帆さん

和歌山の特産物を生かした健康商品の通信販売の販促活動を担当。「皆さんの健康をサポートするお役に立てれば…。子育て中のママにもぜひとも試してもらいたいんです。ママって自分の健康は後回しにしがちじゃないですか。ママが倒れたら大変なのに」と、2児の母である森本さん自らが愛飲して広告塔に!

一方、日本酒や梅酒など、女性目線で商品を開発する「なでしこ」のメンバーとしても活躍中。「私、ほとんどお酒が飲めないんですけどね(笑)。その分、パッケージに思いを込めています」と。

森本さん流
ワーキングママのおきて
子どもがご機嫌でも、泣いていても、朝、保育園で顔を見合ってハイタッチをするのを習慣に。それは、「いってらっしゃい」の約束事で、お互い一日がんばろねという合図!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンとノートで、“書くこと”を楽…
  2. 年の門出を祝うご馳走を 一年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4.  “金(筋)曜日が29(肉)日になる日”は「筋肉を考える日」(日本記念日協会認定)です。ムキムキボ…
  5. カキといえば広島県や宮城県が有名ですが、昨年から和歌山県内で新たにカキの養殖に取り組むエリアが増え…

電子新聞 最新号

  1. 2019/12/5

    リビング和歌山 12月7日号

    リビング和歌山12月7日号  活字離れ、手書き離れがさけばれる昨今。スイ~ッと気持ちよく描けるペンと…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る