大改造!! 劇的ビフォーアフター 悲しき宿命

テレビのツムジ

大改造!! 劇的ビフォーアフター 悲しき宿命

今月1日に発表された流行語大賞。芸能、政治、スポーツと流行語豊作の年だった。実は今から11年前、あるテレビ番組も流行語トップ10入りを果たしている。ABCテレビ「ビフォーアフター」。家をリフォームするというダイナミックな企画が社会現象となった。洗練された曲と、「なんということでしょう」という名フレーズは、唯一無二の世界観だ。現在も日曜夜8時という視聴率激戦区の中、放送している。放送開始当時は高視聴率だったが、今は10%前後が定位置。平均視聴率は日本テレビ「イッテQ」、NHK大河ドラマに次いで3位に甘んじている。

流行語入りしたのに、なぜ? 一つは企画が飽きられているということがある。そして、もう一つ、ビフォーアフターという企画ならではの悲しい特性が。それは「ビフォー」と「アフター」がどう変わるのか、そこしか興味を持たれていないこと。つまり、リフォーム前とリフォーム後の家を交互に紹介する8時35分過ぎまでは、数字が伸びないのだ。この傾向に「ビフォーアフター」の関係者も嘆いていた。「なんということでしょう」と。

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「す・またん」「かんさい情報ネットten.」「土曜はダメよ」、ABCラジオ「桑原征平粋も甘いも」などの番組構成を担当中。

※次回は年末年始号に掲載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者の皆さまから「ネコちゃん川柳…
  2. 企業が設置する保育施設ですが、地域のニーズに合わせて、地域枠として受け入れてくれます。職員の配置基準…
  3.  真っ赤に熟したおいしそうなイチゴ。今の時期スーパーなどでさまざまな品種が並びます。本来の旬は4~5…
  4.  さまざまなお店に、華やかなチョコレートがずらりと並ぶ季節。最近のバレンタインは、普段は買わないよう…
  5.  全国的にも、じわりじわりとブームが広がるボードゲーム。和歌山市にもボードゲームを楽しめる機会が広が…

電子新聞 最新号

  1. 2020/2/20

    リビング和歌山 2月22日号

    リビング和歌山2月22日号 2020年(ニャオニャオ年)2月22日(ニャンニャンニャンの日)。読者…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る