大河離れを防げるか!「いだてん」の走りとは?

テレビのツムジ

大河離れを防げるか!

「いだてん」の走りとは?

 先週から始まった今年のNHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」。大河では三田佳子主演の「いのち」以来33年ぶりに、近現代の日本を舞台にしている。それを知って驚いた。33年間も、戦国や幕末など、よく似た時代設定ばかりしていたものだと。近年、大河の視聴率低下は、ここにあるだろう。登場人物、出来事などかぶりすぎなのだ。近現代の人物にスポットを当て、成功している朝ドラを見習うべきだ。今回の「いだてん」は、そういった意味でも、注目されている。人気脚本家、宮藤官九郎の起用に、主役級の豪華な俳優陣が勢ぞろい。大河離れをしていた若者層も取り込める。また、昨年起きたライバル裏番組「イッテQ」のやらせ問題で、日テレを離れた人もつかむだろう。大河では異例の海外ロケも敢行したそうで、今後は壮大なスケールで展開するに違いない。だが、次の2020年大河ドラマが明智光秀だと聞いて、がくぜんとした。また戦国に逆戻り。近現代の日本だけでなく、世界の歴史に目を向けたっていいのに。光秀の裏切りは、良い意味で期待できるだろうか?

※次回は1月26日号に掲載

テレビのツムジ 関西の放送作家がバッサリ!
文:岡内義人
読売テレビ「土曜はダメよ」「かんさい情報ネットten.」、ABCラジオ「征平・吉弥の土曜も全開」など番組構成や、テレビCMなどを手がける
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1.  和歌山市出身の作家・有吉佐和子の作品を中心に、研究者らの立場から文学の魅力を紹介する「有…
  2. 失われた記憶を巡る、サスペンス・アクション  1995年、ロサンゼルスのレンタルビデオ店に…
  3.  水に棲む生き物や展示物に囲まれて、昔話を聞いて楽しむ催し「水族館でおはなし会」が、3月2…
  4. 住宅展示場へ行こう ① 住宅展示場を効果的に活用 何度も足を運び、じっくりと選んで! セ…
  5.  登校拒否・ひきこもりの子ども・青年を持つ和歌山県親の会主催の「第120回学習会・交流会」…

電子新聞 最新号

  1. 2019/3/14

    リビング和歌山 3月16日号

    リビング和歌山 3月16日号  高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 高齢化の進行と共に、認知症が社会問題になりつつある昨今。終活シリーズの第2弾は、認知症から資産を守…
  2. 全編和歌山をロケ地に撮影された映画が完成。和歌山県出身のミュージシャンをはじめ、ダンサー、芸人、ア…
  3. 駒場工務店 駒場一仁代表 命を守る「津波避難タワー」を設計・施工  東日本大震災以…
  4. 折りたたみ式ウオータータンク(10リットル)(10人)  市民の防火・防災意識の向上を図る「和歌山…
  5.  化学染料では出せない優しい色合いや、季節の移ろいを感じられるところが魅力の、ボタニカル・ダイ(草木…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る