天然素材のハグみじゅうたん 敷くだけで秋の暮らしに彩りと温かみが

部屋に溶け込む優しい色合いが特徴

部屋に溶け込む優しい色合いが特徴

熟練の職人が手作業で織り上げ

日差しも和らぎ、秋の気配を感じるようになってきました。これからの季節″じゅうたんを新調しようか”と考えている人もいるのでは。じゅうたんは、1枚敷くだけで部屋の雰囲気ががらりと変わり、温かみが増します。床のおしゃれでリフレッシュしませんか。

インテリア家具専門店「&Room(アンドルーム)」(和歌山市吉田)の川上由理さんに今秋、おすすめのじゅうたんを聞きました。

店内に並べられたハグみじゅうたん

店内に並べられたハグみじゅうたん

注目は、ウールやコットンなどの天然素材でできた「ハグみじゅうたん」。雑誌などでも取り上げられ、人気が高まってきています。「化学繊維を使っていないので環境に優しく、赤ちゃんでも柔らかな肌触りを楽しむことができます」と川上さん。

デザインや色のバリエーションも豊かで、どんな空間にも溶け込む優しい色合いが特徴。熟練の職人が、糸の染めから織り上げまで、手作業で行っているので、一枚一枚に味わいがあります。

川上さんは「厚手と薄手があり、薄手はリビング以外にもダイニングテーブルの下などにも使え、床の傷防止にもなります。丈夫で長持ち。6年補償も付いています」と話します。大きさ約150センチ×200センチで、価格は厚手が73440円、薄手が42984円。

「10月24日(土)から11月3日(祝)は″ハグみじゅうたん展”を開催。普段店内に置いていないデザインもそろいます。秋の暮らしに彩りと温かみを加えてみてくださいね」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る