夫の助けがあってこそ セカンドキャリアをスタート

profile
蔭山組 早 雅美さん

 結婚前は、住宅メーカーで宅地建物取引士として活躍。結婚を機に島根県から和歌山県に来て、第2子の卒乳をきっかけに再び働き始めました。「今は建築会社でダイレクトメールを発送したり、イベント関係の事務仕事が中心で、資格を生かしてとまではいっていませんが、知識は役立っています」と話します。ついつい仕事にのめり込んでしまうところがあり、「夫に注意されつつ、家庭とのバランスを保っています」とも。「夫の活躍をなくして私はここに存在しない」というほど、ご主人は率先して家事も育児もやってくれるのだとか。

早さん流
ワーキングママのおきて
仕事が終わって子どもを迎えに行くまでが、私の自由時間。コーヒーを飲んだり、買い物をしたり…、ホッと一息ついてから“お母さん業”をスタート。息子が4月から小学生になり、やっと生活リズムがつかめてきました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんから2000票ほど投票いただき…
  2. ハデ~なデコレーションに彩られて街を行き交うクルマ、はたまた同じ音楽が繰り返されて耳にフレーズが残…
  3.  寒い冬はつい活動量が減って運動不足になりがち。コロナ自粛も相まって、筋力低下が気になります。でも…
  4. 立春が過ぎ、暦の上ではもう春ですが、今冬は例年より冷え込みが厳しく、まだもう少し寒い日が続きそう。和…
  5. 2月2日(火)は節分の日。節分といえば、福徳をつかさどる歳徳神(としとくしん)のいる方角に向かって…

電子新聞 最新号

  1. 2021/2/25

    リビング和歌山2月27日号

    リビング和歌山2月27日号 昨年の5月30日号で実施した「スーパーの惣菜総選挙」には、読者の皆さんか…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る