子どもたちも活動的になる春

やっと春がやってきました。うれしいことがいっぱいやってきそうで活動的になる季節です。

でも、ママからこんな声も聞こえてきます。「日が昇るのが早くて、子どもたちが早く起きてくる」。朝の6時や5時ってこともあるそうです。一日が長いと嘆く声も聞かれます。つどいの広場に来る前に公園で2時間遊び、クタクタになったママが体を休めに来てくれます。

ママにはつらいことですが、子どもたちは、心身ともに成長する季節です。愚痴は〝ひろば〞で吐き出して、また、早朝起こされることを見越して、ママも子どもと一緒にお昼寝しちゃいましょう!明日を元気に過ごすために。

(松本美香)

著者子ども連れで集まり、親子が交流できる「和歌山市つどいの広場」の一つ「もうひとつのさとポピンズ」のスタッフ
住所もうひとつのさとポピンズ(和歌山市西高松)
TEL073(414)1189
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る