宗家源吉兆庵「津弥栗」

9月に入ってもまだまだ暑い日が続いていますが、“デパ地下”には秋の味覚がチラホラ。岡山市に本拠を置く和菓子店「宗家源吉兆庵」の「津弥栗」(1個281円)は、蜜漬けされた渋皮栗が丸々1粒、栗きんとんあんに包まれていて、ほっこりとした甘みが口いっぱいに広がります。「5個入りは竹かごに入ってギフトにおすすめ。1カ月ほど日持ちがするのでお彼岸のお供え、お茶請けにぜひ」と、同店販売員の鈴木恵子さんは話していました。冷蔵庫で冷やして、冷たくして食べても美味。秋・冬限定販売。

取材協力=近鉄百貨店和歌山店

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 保険金支払額は2年連続1兆円超え 昨年秋に続く2度目の保険料改定 2019年10月、損害保険各…
  2. ありがとう、と 言葉で伝えることが大切 歌舞伎の名門(萬屋)に生まれ、8歳のとき、歌舞伎座で初舞…
  3. 日時 2020年 9/23(水)~9/29(火) 10:00~18:30※最終日のみ16:0…
  4. 幾度も荒廃の危機に遭った高野山 “知る人ぞ知る”パワースポット “人がいない…”、今年4月の緊…
  5. ガラッと変わった生活様式 リビング読者の困り事は…? 大都市に比べ、新型コロナウイルス感染者の…

電子新聞 最新号

  1. 2020/10/1

    リビング和歌山10月3日号

    リビング和歌山10月3日号 近年、日本全国で大規模自然災害が頻発し、損害保険会社による保険金の支払額…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る