小さい頃から 虫や土とあそぼう!

ぐるんぱの周りには田んぼや畑があり、四季折々にチョウ、セミ、テントウムシ、おんぶバッタやカマキリなどの虫たちがいます。虫が苦手なママたちが遠巻きにする中、子どもたちは興味津々。いきなりつかむ子もいるし、おっかなびっくりの子も目はキラキラとしていて釘付けです。

この一瞬一瞬のココロが動く感じが良いです。大事です。“怖いけどおもしろい”、“もっと知りたい”といった気持ちが心の中でいっぱい動いているのです。

命の根っこを張る大事な乳幼児期、虫や土、自然に触れて心も身体も動く経験は、言葉の獲得ややってみたいの気持ち、人とつながる力、育っていく力の土台作りに欠かせません。

(佐藤百子)

著者子育て中の親が子ども連れで気軽に集まり、打ち解けた雰囲気の中で情報交換をしたり、交流できる「和歌山市つどいの広場・ほっとルームぐるんぱ」のスタッフ。同市内には4カ所のつどいの広場があります
名前ほっとルーム ぐるんぱ
住所和歌山市福島487
連絡先073(452)2303
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い経験はありませんか。コロナ…
  2. 和歌山市の中心地、伏虎中学校跡地に建設が進められてきた和歌山県立医科大学薬学部が完成しました。4月…
  3. 日本でドライブスルーといえばハンバーガーチェーンに始まり、牛丼チェーン、コーヒーチェーン…と、これ…
  4. 今年も桜の季節が到来。桜といえば春を感じる行事、お花見!ですが、大勢でにぎやかに楽しむ“お花見宴会…
  5. 子どものころ誰しもお世話になった学校給食。懐かしくもあり、ちょっぴり苦い思い出という人もいると思い…

電子新聞 最新号

  1. 2021/4/8

    リビング和歌山4月10日号

    リビング和歌山4月10日号 家計簿をつけたことはあるけれど、なかなか続かず途中でリタイア…そんな苦い…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る