思い描いていた未来が実現!? 近未来ワカヤマ

top3

約25年前に公開され、大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー・パート2」で描かれた「2015年」がやって来ました。映画に出てきたような“近未来のテクノロジー”を感じさせる発明品が、和歌山に登場していることを知っていましたか。かつて想像していた未来が、現実になりつつあります。

新型エネルギーにロボット
最新鋭の技術が和歌山に

平成元年に公開され、世界中で人気を博した映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー・パート2」。主人公のマーティと天才科学者ドクが、車型のタイムマシン〝デロリアン〞に乗りこみ、「2015年」へタイムスリップするというストーリーです。そして今年、ついに現実世界の2015年が到来 !「まだまだ映画の世界には追いついていない」と思っていませんか。実は、私たちの身近な所にも〝未来的〞な技術や発明品が登場しているのです。

1つ目は、和歌山大学が研究している着るロボット「パワーアシストスーツ」。人間の動作をサポートするロボットの研究は世界中でされていますが、農業用に特化したものでは最先端といわれています。現在、和歌山を含めた6県で試用実験中。今年、全国規模で本格的な実験がスタートします。

2つ目は、近畿大学が開発した新型燃料「バイオコークス」を使って作られている、同大学のオリジナルマンゴー「愛紅」。近畿大学附属湯浅農場(有田郡湯浅町)で、栽培が進められています。

これらの発明と和歌山の未来予想について、それぞれの研究者に聞きました。

和歌山から発信されるテクノロジーたち

和歌山から発信される技術や発明品を紹介します。また、映画は25年先の想像上の未来が描かれていました。
現在から25年後の「2040年」はどのような世界になっているでしょうか。それぞれの研究者に未来予想を聞きました。

パワーアシストスーツ

20150328top01

重い荷物もらくらく運べる
装着型ロボット

重いコンテナもらくらく―。和歌山大学で、着るロボット「パワーアシストスーツ」の開発が進められています。同大学産学連携・研究支援センター特任教授の八木栄一さん、特任助教の佐藤元伸さんに聞きました。

元々、民間企業で産業用ロボットの研究をしていた八木さんは、平成17年に和歌山大学へ。〝10年後の社会に役立つような、人間と力を合わせて共存できるロボットを作りたい〞という思いのもとで研究を開始。農業が盛んな和歌山で、農作業の力仕事で体を痛めてしまう人が多いことから、体にかかる負担を軽減するパワーアシストスーツを開発しました。

スーツがサポートしてくれるのは、①持ち上げ動作②中腰の姿勢を維持③傾斜面などでの歩行の3点。最大で10キログラムのアシストが可能です。荷物の重さが20キロなら、10キロの荷物を持ち上げるのと同じ力で済み、腰への負担が軽くなります。さらに、股関節も支えるので、坂道も楽に歩けます。

センサー内蔵の中敷きを入れた靴と手袋

センサー内蔵の中敷きを入れた靴と手袋

スーツは、リュックサックを背負うような感覚で装着。靴に、動きを感知するためのセンサーが付いた中敷きを入れて履き、同様にセンサーが内蔵された手袋をはめます。開発当初は40キロもの重さがありましたが、腰を中心としたアシストに絞り、軽量化を実現。本体とバッテリーを合わせて7キロの軽さに。「素材をアルミから樹脂に変えるなど工夫して、今年中に6キロ、最終的には5キロ程度の重さを目指しています」と八木さんは言います。「着たままラジオ体操もできますよ」と佐藤さん。装着したままトラックを運転するなど、動き回ることも可能です。稼働時間は約2時間で充電式(バッテリーの充電時間は1時間程度)。

一般発売は来年で、価格は100万円を予定しているとか。「ゆくゆくは生産量を増やして、安価で販売することが目標です」と八木さん。現在普及している「電動アシスト自転車」のように、人の生活をサポートするツールとして、一般の人が手に入れやすく、なおかつ機能性が高いスーツを目指しています。将来的には、農作業だけでなく、物流や介護の業界でも活躍が期待できそうです。

ワカヤマ未来予想

ワカヤマ未来予想

バイオコークス×近大マンゴー

地球にやさしい新型燃料と
日本初のマンゴー新品種

20150328front001昨年12月、近畿大学附属湯浅農場に、「近大マンゴー・愛紅」を栽培する大型フィルムハウスが完成しました。ハウスを暖めるために使われているのが、同大学が開発した新型燃料「バイオコークス」。近畿大学バイオコークス研究所・所長の井田民男さん、副所長の澤井徹さんに聞きました。

バイオコークスの原料は、乾燥させた植物性資源。茶かすやコーヒーかす、廃棄される野菜や果物、間伐林といった、いわゆる〝ごみ〞からできています。「茶かすからできているものはお茶の、梅干しの種からできているものは梅の香りがしますよ」と井田さん。

廃菌床からできたバイオコークス

廃菌床からできたバイオコークス

植物から作られるバイオコークスは、CO2の排出量が実質ゼロ。澤井さんは「燃焼時に出るCO2は、植物が光合成を行うときに吸収され、成長した植物を使って、出たごみからバイオコークスが生まれる…というサイクルができあがります」と言います。石炭などの資源のように、枯渇する心配もありません。

今回建てられたフィルムハウスは、同大学が生み出したマンゴー・愛紅を栽培するための専用ハウスです。暖房に使われているバイオコークスの原料は、「菌床(きんしょう)」と呼ばれるきのこの苗床。きのこを収穫した後、通常は廃棄されるものを使います。今まで使用されてきた液体燃料とは供給方法が違うので、試行錯誤しながら栽培中です。

同ハウスで栽培中のマンゴーの苗

同ハウスで栽培中のマンゴーの苗

愛紅は、湯浅農場の長年の研究によって平成20年に生まれた日本初のマンゴーの新品種。同農場顧問の佐々木勝昭さんは、「繊維質が少なくなめらかで、まるでプリンのような舌ざわり」と絶賛。現在は生産量が少ないこともあり、一般のお店では手に入りにくいのですが、このハウスで栽培が成功すれば、生産量が今までの5倍になるといわれています。

「安定した栽培が可能になれば、今度は農業者たちに栽培技術を伝えていきたい。愛紅という品種を世の中に広めることが目標です」と助教の志水恒介さん。また、事務長の森章さんは「和歌山が、他県に負けないマンゴー産地になると期待しています」と話します。

ワカヤマ未来予想

ワカヤマ未来予想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

うんちフェス

おすすめ記事

  1.  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されているのが和歌山県北山村特産の…
  2.  リビング新聞からのお年玉は「ゴールドに輝く地域ブランド」。全国リビングネットワーク・提携各紙から、…
  3.  さぁ、2020年の幕開け。2020年注目の話題といえば、やはり東京五輪・パラリンピックではないで…
  4.  今シーズンの冬ごもりは、家の中で読書を。心も体もほっこり、親子で本に親しみませんか。図書館スタッ…
  5.  寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄んだ空気に星空や夜景もきれい…

電子新聞 最新号

  1. 2020/1/16

    リビング和歌山 1月18日号

    リビング和歌山1月18日号  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されてい…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る