“愛されマナー”を身に付けて 子どものコミュ力をアップ

リビング和歌山2月17日号イメージ

 「幼稚園から小学校に上がって友達ができるかしら」「新しい先生になじめるかな」と、子ども以上に心配してしまうのが親心。そこで、子どもの成長に合わせたマナーやコミュニケーション力を親子で学び、新学期に備えませんか。
春は進学や進級で子どもたちの環境が変わる季節です。学校は子どもがクラスメートや教師など多くの人と交流しながら、一日の大半を過ごす場所。対人関係が良好なら、学校生活をより楽しく過ごせるでしょう。困ったときに助けてもらったり、誰かを助けることができたり…。そんな友情を友達と育み、悩みがあれば教師に打ち明けたりできる〝コミュニケーション力〟(=コミュ力)を磨くことが大切です。

まずは、子どもの〝コミュ力度〟を測るために、ここに挙げている10の項目をチェック! つづく2面で、子ども向けのマナー教室を開催している専門家が、誰からも好かれる“愛されマナー”について指南します。

あいさつ

身だしなみ

公共ルール

相手の目を見て話す

人生で大切な「人に好かれる力」を磨く

「1面のチェック項目で、家族構成と生活習慣の項目以外は、守ってほしいマナーですが、最近は大人でもできていない人を見掛けます」と話すのは、「カレント・マナースクール」(岩出市野上野)代表、金川あずささん。

同スクールでは、首都圏で人気の高い子ども向けのマナー教室を和歌山で開講。金川さんは、「今はSNSやゲームの普及で対人関係が希薄になったり、核家族や共働きの家庭が増えるなどの理由から、昔に比べて対人関係を日常から学びにくい環境になってきました」と話します。そのため、家庭でも積極的に、子どもにコミュ力やマナーを意識させてみては、と提案します。

相手への思いやりから
身に付く“愛されマナー”

「子どものコミュ力を高めるには、家庭内での親子関係も鍵。1面で紹介した項目を親御さんご自身でもできていますか。子どもは大人をよく見ています。お手本になれているか、親子でお互いをチェックし合うのもいいですね」と、アドバイスします。

同スクールでチャイルドマナー講師を務める俵本ゆかりさんは、「コミュニケーションやマナーというと、漠然としたイメージですよね。でもそのベースにあるのは、コミュニケーションで一番大切な“思いやり”。親御さんもそこに重点を置いて、お子さんに伝えてもらえれば。相手を敬い、気遣う心を養えば、誰からも愛される人格の基礎が築けます」と語ります。

俵本さんの講座では、「マナーの5原則」(下記参照)を掲げながら、それぞれの年齢が遭遇しやすいシーンや状況に応じて、必要なコミュ力を教えます。「『なぜ、この場で、このマナーが必要なのか』など、その背景や慣習なども交えて説明し、子どもたちの理解度を高めるように工夫しています」と、俵本さん。

マナーの 5原則

また、金川さんは、「愛されるマナーを身に付けることで充実した人間関係を築ければ、それは、人生を豊かにすることにもつながります。コミュ力やマナーは、日々の積み重ねで身に付きます。柔軟な感性がある子どものうちに、大人が導いてあげたいですね」とも。

春休みの特別講座として、俵本さんと金川さんんによる、子どものための「ジュニアマナー講座」を企画しました(左記参照)。春の進学や進級を前に、子どもが身に付けておきたいコミュ力を学ぶ1日講座です。保護者の見学もOK。子どもが“愛されマナー”を身に付けるヒントを親子でつかんでみませんか。

「カレント・マナースクール」

写真右/金川あずささん。「カレント・マナースクール」代表
左/俵本ゆかりさん。「カレント・マナースクール」講師

ジュニアマナー講座 「学校の人気者になりたい!」「友人とうまくいってない…」。そんな子どもの願いや悩みに応える春休みの特別1日講座。コミュ力をアップして、より魅力的な新しい子どもの一面を引き出して、新学期を迎えませんか。講師は教室内に2人いるので、低学年の子も安心して参加できます。
新小1~3年生対象の低学年クラス、新4~6年生対象の高学年クラスがあります。保護者の見学もOKです。

日時 3月28日(水)
低学年クラス 午後1時半~2時半、高学年クラス 午後3時~4時
講師 カレント・マナースクール
俵本ゆかりさん、金川あずささん
会場 リビングカルチャー倶楽部
フォルテ教室
(和歌山市本町、フォルテワジマ4階)
参加費 1620円(教材費込み)
定員 各10人(定員になり次第締め切り)
※最少開講人員3人
申し込み・問い合わせ 073(421)4411
リビングカルチャー倶楽部 フォルテ教室
(月~土曜午前10時~午後6時半、日曜と祝日は休業)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. ワルンバリ
    ジャワ島スラバヤ市出身のシェフが作る本格インドネシア料理店「ワルンバリ」。手づくりのサン…
  2. 堀川 雅和さん
    趣味は? サーフィンとアウトドアでBBQ、そして旅行。この夏は、6歳の長男が波乗りデビュー…
  3. 心の病のある人の家族や支援者を対象とした「和歌山市精神保健福祉家族教室」が、10月27日(…
  4. 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」
    くじらの博物館を舞台にした映画 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」 イオンシネ…
  5. 8hachi(ハチ) 食パンとコーヒーとおやつ
    和歌山市毛見の住宅街に、カフェ「8hachi食パンとコーヒーとおやつ」が10月1日にオー…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る