新たな顔触れのヒーローたちが100人! 『あがらの和歌山』第14弾を刊行 『紀州の侍 第二集』県内主要書店で発売中

和歌山県ゆかりの“現代の侍”たちを紹介

「ええとこあるで和歌山」を合言葉に、地元地域の魅力を伝える団体、「紀州文化の会」が、『あがらの和歌山 紀州の侍 第二集』を4月17日に刊行しました。

同会は2004年に発足し、07年から『あがらの和歌山』シリーズを毎年制作。歴史や芸術、地域文化、人物など毎回テーマを変え、多方面から見る“和歌山のええところ”を紹介しています。

今回のテーマである「紀州の侍」は昨年に引き続く第2弾とし、企業、地場産業、地域おこし活動、スポーツ、文化・芸術など、多様な分野で輝く現代の侍たちが登場。

「和歌山生まれで和歌山育ち」「和歌山生まれで現在県外で活躍」「県外出身で現在和歌山で活躍」が選出の条件と話すのは、会代表の大江寛さん。五輪メダリストの田中和仁・佑典兄弟をはじめ、県内外、また国際的にも才能を発揮する100人が誌面を飾ります。年齢は60歳以下に限定し、最年少は18歳と、平成生まれも11人登場。また、串本など紀南エリアで奮闘する侍たちの取材にも力を入れています。

「登場する方たちが仲間をつなぐ接着剤のような役割になり、県民みんなで力を合わせ、和歌山を盛り上げられたら」と大江さんは期待します。

来年発刊する第三集では、戦後の和歌山を支えた60歳以上の侍を紹介する予定。
冊子はB5判、436ページ、2480円。ツタヤウェイや宮脇書店など、県内主要書店で発売中です。

お問い合わせ 大江さん
電話番号 090(1222)6495、または0736(67)7892

『あがらの和歌山 紀州の侍 第二集』を読者5人にプレゼント。はがきに〒住所、氏名、年齢、電話番号を明記し、〒6408557(住所不要)和歌山リビング新聞社「あがらの和歌山」係、またはメールでliving@waila.or.jpの同係へ。4月29日(祝)必着。当選発表は発送をもって代えます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 普段の食卓でおなじみの“食パン”が、おしゃれに、かわいらしく変身! 「食パンアート」や、「トースト…
  2. 和歌山県の普通科高校在籍は66・5% 専門学科は夢を手にする近道かも!? 高校の学科は大きく分けて…
  3. 食欲の秋が到来。美味しい食べ物がそろうこの季節は、ごはんがつい進みますよね。料理の味を整えて、美味…
  4. 保険金支払額は2年連続1兆円超え 昨年秋に続く2度目の保険料改定 2019年10月、損害保険各…
  5. ありがとう、と 言葉で伝えることが大切 歌舞伎の名門(萬屋)に生まれ、8歳のとき、歌舞伎座で初舞…

電子新聞 最新号

  1. 2020/10/22

    リビング和歌山10月24日号

    リビング和歌山10月24日号 食欲の秋、アートの秋、どっちも楽しんで! 今、SNSなどでも話題の食パ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る