日常はダッシュで生活 休日は家族で全力で遊ぶ

会社員
花田 由衣さん

全国に拠点を構える福祉用具のレンタル・販売卸会社に勤務して8年。出産を経て今年4月に職場復帰。「仕事が好きで、会社が嫌で辞めたいと思ったことはないのですが、家庭との両立のしんどさから逃げ出したいなと思ったことはあります。世のワーキングママって本当にすごいって改めて思いました。尊敬します」と。日ごろは夫婦ともに子どもと接する時間が少ない分、休みの日はアクティブに出掛け、全力で遊ぶのがみんなの楽しみ。2歳半の娘さんはすでに“海外デビュー”済みで、「人見知りもせず、何でも食べてくれる頼もしい子です」とにっこり。

花田さん流
ワーキングママのおきて
 帰宅後、ご飯を食べて寝るまで、全部が“ダッシュ”。娘と言葉で意思疎通ができるようになってきて、いっぱい怒るのをやめました。「娘も毎日、保育園でがんばっているので」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る