旬の野菜をもっとおいしく!山浦さんのぬか漬け春夏秋冬 春の野菜

季節の野菜をぬか漬けにして、よりおいしく、より楽しく生活に取り入れませんか。主婦であり、管理栄養士の資格も持つ山浦さんが、四季折々、さまざまな野菜のぬか漬けにチャレンジします。
20170318sub02
春の野菜
タケノコ/フキ/菜の花/ソラマメ/新ジャガ

※フキは塩で板ずりし、5分ほどゆでたら、冷水に上げすじを取ります。その後、しばらく水にさらします。タケノコはやわらかくなるまで、新ジャガは皮付きで半分、1/4の大きさに切って固めに、菜の花はサッとゆでます。ソラマメも塩ゆでに。タケノコと新ジャガは1日半、その他は1日漬け

タケノコはうま味たっぷり、独特の歯ごたえでおいしいです。しっかり漬かってごはんが進む菜の花は、花の部分からふんわり甘い春の香りが。パスタの具材として使ってもいいかも。フキはシャキシャキとした食感が楽しい大人の味。ソラマメ・新ジャガは、塩味がちょうど良く、スナック感覚で食べられます。

20170318sub01
山浦理恵さん 管理栄養士の資格を持つ2児の母。保存食に関心が高い"ぬか漬け女子”

山浦理恵さん
管理栄養士の資格を持つ2児の母。保存食に関心が高い”ぬか漬け女子”

「本日の一品料理」
ヒロメのおにぎり

[材料]ヒロメ約150g/ごはん茶わん3杯分(おにぎり4~5個)

[材料]ヒロメ約150g/ごはん茶わん3杯分(おにぎり4~5個)


1.ヒロメは、サッとゆでてざるに上げ、水気をしぼります 2.キッチンペーパーで包み、1日漬けます 3.取り出したヒロメをみじん切りにします 4.熱々のごはんに混ぜ込み、おにぎりに

1.ヒロメは、サッとゆでてざるに上げ、水気をしぼります
2.キッチンペーパーで包み、1日漬けます
3.取り出したヒロメをみじん切りにします
4.熱々のごはんに混ぜ込み、おにぎりに

memo

ヒロメは、サッとゆでると鮮やかな緑色になります。ぬか漬けにすると、色のトーンは少々落ちますが、磯の良い香りはそのまま

試食した感想 ワカメとはまた違った、独特の食感が魅力のヒロメ。磯の香りがただよう、程よい塩加減のおにぎりが出来上がりました。ヒロメは、海藻ならではのうま味も感じられ、ごはんのお供におすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

リビングフェスタ2017
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

電子新聞 最新号

  1. 2017/11/16

    リビング和歌山2017年11月18日号

    リビング和歌山 11月18日号 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎ…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. 実りの秋、収穫の秋も残りわずか。思うがままに“食欲の秋”を堪能しすぎて体重過多が気になるあなた、本…
  2. 今週号は、上質な暮らしを提案する特集“Good Life”。「天高く馬肥ゆる秋」ということで、今回…
  3. 日本防災士会和歌山県支部長 早稲田 眞廣さん 「物」「建物」「知識」の備えを怠らずに あなたの防災知…
  4. スマートエージェンシーボトル5点セット(6人) 商品について問い合わせ 和歌山市消防協会 …
  5. 小さな穴をのぞくと、無数の幾何学模様が広がる万華鏡。角度を変えるたびに変わる形は、人を飽きさせない…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る