歯と口の健康コラム「ライフステージに沿った予防とケア 胎児期②」


前回から、歯や口腔内のトラブル予防とケアについて、ライフステージに沿って解説しています。今回は胎児期の2回目として、妊娠期のケアや、胎児の歯の形成についてまとめます。

まず、妊娠期4〜6カ月ごろの安定期になったら、歯科健診を受けましょう。健診を受け、治療が必要になった場合は、つわりや流産、早産のリスクを考えて、安定期に治療を受けるのが望ましいでしょう。受診時には、母子健康手帳を出して、産婦人科医から注意を受けていることなどがあれば、どんなことでも歯科医師に伝えるようにしましょう。

妊娠中のお母さんに知っておいてほしいことは、赤ちゃんの歯は妊娠中につくられ、歯の質はこの時期にほぼ決まってしまうということです。

乳歯の芽である歯胚は、妊娠7週目ごろからつくられます。妊娠4カ月ごろからは、歯胚にカルシウムやリンなどが沈着し、かたい歯がつくられていきます。

母体の健康を保つことはもちろん、妊娠中は胎児への栄養補給としてバランスのとれた食生活が大切ですね。また、〝強い歯〞をつくる食べ物があります。

まず、「ビタミンA」は歯のエナメル質の土台を仕上げる材料に、「ビタミンC」は、歯の象牙質の土台を仕上げる材料となります。次に、「ビタミンD」は、カルシウムの代謝や石灰化の調整役を果たします。また、「良質のタンパク質」は、歯の基質の材料に、「リン」や「カルシウム」は、石灰化のための材料となります。

妊娠中も歯のケアやバランスよい食事を心がけましょう。

(和歌山県歯科医師会・地域保健委員会)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る