水しぶきを上げて大空へ! 100m近く飛ぶロケットに感動

水ロケット完成! 桐蔭高校の物理教室で

 和歌山リビング新聞社が地域貢献活動の一環として運営している「日本宇宙少年団(YAC・ヤック)和歌山分団」。5月の定期活動は、18日(土)に一般の参加者も募って「日本水ロケットコンテスト和歌山大会」を行いました。


 同コンテストは、例年和歌山県立桐蔭高校・中学校(和歌山市吹上)の協力により、午前中は同校物理教室で水ロケットを製作。桐蔭中学校科学部の生徒が作り方を教えてくれ、参加者たちをサポート。午後は、和歌山マリーナシティ(同市毛見)でコンテストを実施。水ロケットに水を入れてランチャー(発射台)から一人一人が発射! 勢いよく水しぶきを上げて飛ぶロケットに、参加者は歓声を上げていました。100m近く飛ぶロケットもあり、上位3人は近畿大会を目指します。

和歌山リビング新聞社073(428)0281
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  子どもの“理科離れ”が叫ばれるようになって久しいですが、本来、好奇心が旺盛な小学生は観察や実験が大…
  2.  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届いているのでしょうか。また、連日…
  3. 常備灯 「ここだよライトS」(5人)  豪雨災害が出るなど、まとまった雨が降ることが多く、心配にな…
  4.  睡眠は健康を維持するためには欠かせません。そのためにも寝具にもこだわりたいもの。特にマットレスは快…
  5.  小学校の校舎をリノベーションして、和歌山市に2つの大学が誕生しています。地域に親しまれてきた場所が…

電子新聞 最新号

  1. 2019/7/18

    リビング和歌山 7月20日号

    リビング和歌山 7月13日号  何気なく使っている水ですが、水道水はどのようにして私たちのもとに届い…
バックナンバー
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る