片付け上手な子どもにするために【後編】 仕組みとルールづくり リビングの一角を子どものスペースに利用

使ったら片付ける習慣付けが大切

宮本美保さん

「繰り返しながら、習慣づけることが大切です」と話す宮本さん

前編(2月3日号)は、“よく使う物”と“あまり使わない物”を分け、置き場所を決めることを伝えました。後編は、部屋の環境づくりを交え、取り上げます。教えてくれるのは前回に続き、整理収納コンサルティングの宮本美保さんです。
部屋づくりのポイントについて宮本さんは、「子ども部屋がある(つくる)ならば、勉強する、寝る、遊ぶといったようにスペースを分けましょう」ときっぱり。「勉強机の横におもちゃなどの遊ぶスペースをつくると、勉強している最中、遊びの方に目がいってしまうこともありますよね。部屋の中では、勉強机と遊ぶものは背中合わせにする方が、気が散らずに勉強できます」と話します。
では、家の中で子ども空間をどう設ければいいでしょうか。
「子ども部屋があってもなくても、小学生のうちはリビングの一角で親と一緒に勉強や学校へ行く準備をするなど、子どものスペースとして利用することをおすすめしています。ここでも、子どもと一緒に置き場所を決めることが大切で、使ったら片付ける習慣を付けましょう。収納ボックスは、作り付けではなく、動かしやすい物にしておくことで、中学生になったとき、ボックスごと部屋に持っていけて便利です」とアドバイスします。
毎年物が増える心配については、「小学生になったら、段ボール(大きさは自由)2箱までが目安と伝えています。2年生になる前に“使うもの”と“使わないもの”に分け、減らして1箱に。空いた1箱を新たに収納に使います。3年生、4年生…と、同じように整理します。整理整頓ができていないと勉強に集中できなかったり、忘れ物につながったりもしますからね」と説明します。
その上で、「仕組みとルールづくりが大事です。子どもは回り道をしながらも経験を重ね、自分で考えていくようになります」と話しています。
まずはできることから、少しずつ始めてみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハウジング

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部

今週のリビング新聞

  1. 「野菜づくり楽しみましょう」と話す田中さん
    「野菜づくり楽しみましょう」と話す田中さん マイホームならではの楽しみ方の一つにガーデンニ…
  2. きのくにサイエンスラボの実験科学教室「液体窒素の世界・マイナス196℃を体験しよう!」が、…
  3. 春の小川をのぞいてみると、「めだかの学校」がありました。何の授業をしていたでしょう
    漫画家マエオカテツヤさんがお題を出題 子どもたちの自由な発想を紹介し、ツッコミます。 ★…
  4. 緑和会盆栽展

    2018/5/24

    緑和会盆栽展
     盆栽同好会・緑和会主催の「第10回盆栽展」が、6月1日(金)~3日(日)午前10時~午後…
  5. 佐藤 敏行さん
    趣味は? 子どもと遊ぶのが趣味です。他は、健康のために始めた運動。通勤の往復約8㌔を走った…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山2018年5月26日号

    2018/5/24

    リビング和歌山 2018年5月26日号

    リビング和歌山 2018年5月26日号 “生きた化石”ともいわれている「ウミガメ」。日本では昔話に登…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山5月26日号
     “生きた化石”ともいわれている「ウミガメ」。日本では昔話に登場したり、縁起の良い生き物として親し…
  2. リビング和歌山5月19日号
     クリーニングのプロに聞くアイロンがけのコツと、普段のアイロンがけを癒やしのひとときに変える「リネ…
  3. ダイナモ&ソーラー LEDランタン
    ダイナモ&ソーラー LEDランタン(5人) 直径80mm×高さ186mm(2160円)太陽光をパネル…
  4. 紀州梅の郷救助隊隊長 尾﨑 剛通さん もしものときにリーダーシップをとって地域の力に 何もできなかっ…
  5. 手作り体験&ハンドメイド
    日時 2018年 5月9日(水)~14(月) 10:00~19:00※最終日のみ17:00ま…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る