米国・フロリダ州で作品を展示 陶芸家・清水さんが交流深める

5月25日(土)、26日(日)、緑花センターでイベント開催

 陶芸を通して海外との交流を深めている、岩出市の陶芸家で「根来一乗窯教室」主宰の清水均佳(まさよし)さんが、今年1月~6月まで、米国・フロリダ州・ペンサコーラ州立大学の美術館で陶芸展を開催中。オープニングレセプションには地元の陶芸家や学生が大勢集まるなど、高い関心が寄せられています。

 陶芸展は、県と姉妹提携を結ぶ米国・フロリダ州との文化交流がきっかけ。同州のガルフコースト窯業協会に招かれて指導をしたり、若手陶芸家を日本に迎えたり、絆を深めてきました。

学生に陶芸指導をする清水さん(右から2人目)

 清水さんのこだわりは、県産ミカンやカキの灰で作った釉薬(ゆうやく)を用いるなど、地元の要素を取り入れること。会場には、ガラスのような質感のミカン釉の茶器、茶褐色で温かみのあるカキ釉の皿、釉薬をかけず高温で焼成した焼き締めの水器など、約50点が展示されています。

 また、現地では学生などを対象に、陶芸のデモンストレーションや指導も実施(写真)。ろくろの回し方や成形方法などを伝授しました。展示作品は、ガルフコースト窯業協会に寄贈され、永久保存されることになっており、清水さんは「海外で和歌山をアピールできるのはうれしいこと。作家として23年。今後も、作品作りに励んでいきます」と話しています。

 5月25日(土)と26日(日)、県植物公園緑花センター(岩出市東坂本)でミカン・カキ釉を使った陶芸教室やトークイベントを開催。

問い合わせ 清水さん
申し込み 0736(63)1677

陶芸教室とトークイベント
【会場】
県植物公園緑花センター
【陶芸教室】
5月25日(土)午前10時、午後1時半から
5月26日午後1時半から
各20人(先着順)、材料費1800円、要申し込み
【トークイベント(パネル展示あり)】
両日午後0時半、申し込み不要

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

おすすめ記事

  1.  頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日(日)、和歌山県立博物館、和…
  2.  植物性の乳酸菌が含まれているキムチ。腸内環境を整えるほか、美肌や疲労回復効果もあるとか。また店それ…
  3.  庶民の社交場、憩いの場として親しまれてきた公衆浴場「銭湯」。タイル柄や照明など、昭和レトロな感じ…
  4. 地域とのつながりを大切に これからも暮らしに役立つ情報を 1979年10月に「和歌山リビング新聞」…
  5.  クラフトビールに続き、お酒好きの間で話題となっているのが、クラフトジン。国産のジンが各地で開発さ…

電子新聞 最新号

  1. 2019/10/17

    リビング和歌山 10月19日号

    リビング和歌山 10月19日号 頼宣が和歌山に入国してから400年。10月19日(土)~11月24日…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る