自身の出産、育児がきっかけで 子育て応援サークルを発足

コアラ保険パートナーズ
広報・マーケティングマネージャー
松本 加織さん

自身の保険の相談に訪れたことがきっかけで、働き始めることに。出産をへて復帰した後、子育て応援サークル「ハピネス」を立ち上げました。「お母さんだって一人の人。私自身、人として生き生きと輝いていたくて。育児に専念していたときにカラーセラピーの講座を受けに行ったんです。でも、小さい子どもを他人に預けるのは勇気もいるし、不安もあるし、後ろめたさもあって…」。そんな経験から、子ども連れで気軽に参加でき、さらに、ママの役に立つ講座を毎月開催。「いろいろ企画するのが楽しくって。目標は細く長く継続すること」とにっこり。

松本さん流
ワーキングママのおきて
私が会社で働くのと同様に、子どもも幼保園で1日がんばっているんです。家ではお互いゆったりと過ごすようにしています。寝る前には“いつもありがとう”の言葉を。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」
     10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシピ。編集部で再現してみました。「マ…
  2. リビング和歌山1月8日号「全国のリビング新聞編集長がセレクト2022年にちなんでニコニコプレゼント」
    リビング新聞からのお年玉として、全国リビングネットワーク・提携各紙から大プレゼント! 今年は「20…
  3. リビング和歌山2021年末年始「和歌山県内に暮らす外国人に聞いてみた そうなの!世界のお正月」
     日本ではお正月に、おせち料理を食べるなどの風習があります。海外はどうなのでしょうか? そこで、和…
  4. リビング和歌山12月18日号「歳末の活気あふれる〝市〟でお買い物」
      来週のクリスマスが終わるといよいよ年の瀬。世間は一気にお正月ムードに様変わり。今冬は、原油高、…
  5. リビング和歌山12月11日号「第6波に備える 和歌山新型コロナ検証」
     第5波の自粛が解かれ、クリスマスや年末年始を迎えます。しかし、感染が落ち着いているからといって油…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山1月15日号「わが家の\ちょい足しTKGコンテスト/」

    2022/1/13

    リビング和歌山1月15日号

    リビング和歌山2022年1月15日号 10月30日号の紙面で皆さんから募集したTKGのちょい足しレシ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る