読者発 巡ってきた12年に一度の“主役”ワンちゃん川柳

リビング和歌山 年末年始号

 2018年は戌(いぬ)年。干支(えと)にちなんで、ワンちゃん川柳を大募集。面白エピソードや愛犬の深層心理が表現された川柳に笑い、癒やされ、笑顔あふれる一年となりますように…。選考は全日本川柳協会常任幹事で、和歌山県川柳協会副会長の川上大輪さんにお願いしました。

 


アプリ♂11

言わずとも
その目で
すべてわかります

和歌山市/ぷーちゃんママ

講評補足説明は不要。さてさてワンちゃんは何を訴えているのでしょうか…。愛犬家なら分かりますよね


ルーク ♂6歳

俺も行く
スーツケースに
もぐり込む

和歌山市/なっちゃん

講評置いていかないで~。写真も面白く、うまく表現されています。「俺」を「僕」にすると句がやわらくなり、感じが変わります。


トト♂5

あらいやだ
また出掛けるの
おれ置いて

和歌山市/SH

講評ワンちゃんの気持ちがよく表れています。「あらいやだ」が市原あ悦子調、いや女の子口調なので、「ぼく」の方がグッド!!


※イラストはイメージです

老犬の
介護へ孫の
オムツ借る

和歌山市/中西宏夫

講評着眼点が素晴らしい。人間同様、ワンちゃんの介護も深刻化している昨今。時代を上手に反映しています。


(ニコ)♀3歳

留守番を
なんとしてでも
阻止するぞ

和歌山市/竹内修子

講評お留守番が嫌いで猛アピールしているのでしょう。ワンちゃんの感情がストレートに伝わってきます。


レクオ ♂3歳

祈っても
ご飯増えない
あきらめろ

和歌山市/ぽっかぽか

講評ダイエットのためにご飯を減らされているのかでしょうか。「ご飯」は食べる量が決まっているので、「おやつ」でもいいかも。


pray(プレイ)♂5歳

ちょっとだけ
出したつもりが
長い鼻

和歌山市/hitomin

講評写真も上手ですね。なるほどな〜と思いました。ワンちゃんも自分の鼻が長いことを自覚しているのかな?


Bell(ベル)♀9歳

お留守番
まだかまだかと
三度寝た

和歌山市/ベルママ

講評ふて寝のつもりが、寝ても寝てもご主人さまは帰って来ない…。ワンちゃんの気持ちがダイレクトに示されていますね。


プティ ♂5歳

犬だって
ひとりになりたい
時もある…

和歌山市/犬の母さん

講評甘えたのワンちゃんもたまには“お一人さま”を満喫。「ひとりになりたい」を「ひとりでいたい」とすれば七文字に。


くるみ ♂7歳

おすわりも
お手もごはんを
もらうとき

和歌山市/みぃ

講評芸をするのは何かをもらうとき。その他は何もしない…。ワンちゃんもなかなか賢い! 句に面白さがあります。


らら ♀14歳

イタズラし
チラ見姿が
叱れない

和歌山市/おにぎり

講評句としては“単なる説明文”ですが、「チラ見姿」という言葉の響きと、写真のワンちゃんのかわいさに負けてしまいました。


もも。 ♂8歳

おばあちゃん
僕をかってくれ
ありがとう

和歌山市/モモちゃんパパ

講評おばあちゃんへの感謝の気持ち。他の動物にも言えそう…。「僕をかってくれ」を「かっててくれて」とすれば七文字に。


クーちゃん ♂6歳

ブサ顔に
散歩遠のき
ふまん顔

和歌山市/クーかあちゃん

講評そう思っているのは飼い主さんだけでは? それもまたかわいさでしょう。決してブサイクには見えませんよ。


くり ♂1歳

太りすぎ
医師から一言
気にしすぎ

海南市/桃栗三年柿八年

講評人間もワンちゃんも悩みは同じ。「医師から一言」を「医師から言われ」、「気にしすぎ」を「気にしてる」とするとなお良し。


応募ありがとうございました

ワンちゃん川柳総評
全日本川柳協会 常任幹事 和歌山県川柳協会 副会長川上大輪さん今回、大変レベルの高い川柳が集まりました。もっとダジャレっぽいものが多いかと思いきや、皆さんなかなかの腕前で。犬が主役であることを前提に、発想力と表現の豊かさに着目して選定しました。俳句は自然や四季を文語体で詠み、川柳は人間模様や社会風刺を口語体で詠むのが一般的。堅苦しい表現は避け、無駄な言葉を省き 、足らない部分を補うのが作句のコツ。字余りにならないよう最適な言葉を見つけていくのも川柳の面白さです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フロント特集

フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

今週のリビング新聞

  1. fitfit(フィットフィット)「外反母趾にもやさしい靴」
    オシャレは足元から…というけれど、細身のパンプスを履き続けてきた女性は、外反母趾に悩む人…
  2. 億男10月19日(金)ロードショー ジストシネマ和歌山 イオンシネマ和歌山
    豪華キャストがお金を巡って大冒険! 兄の残した借金を返済するため、昼夜問わず働く一男。妻は…
  3. 和歌の浦歴史講座「丹生都比売(にうつひめ)神社から玉津島への渡御・浜降り(はまくだり)神事…
  4. 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」
    くじらの博物館を舞台にした映画 「ボクはボク、クジラはクジラで、泳いでいる。」 イオンシネ…
  5. 和歌山を中心に活動している写真・カメラクラブ「ワカヤマカメラ」。20~40代の同クラブメン…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月20日号

    2018/10/18

    リビング和歌山 2018年10月20日号

    リビング和歌山 2018年10月20日号 芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。…
バックナンバー

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月20日号
     芸術の秋! 最近注目を集めている「臨床美術」を紹介します。“絵を描くのは苦手”と思っている人も、…
  2. リビング和歌山10月13日号
     狙われています! 主婦や子育て中のママを誘う“副業”にまつわる悪質商法。スマホが主流となった昨今…
  3. 上段㊧から中尾比呂人さん、齊藤尚輝さん、藤本多敬さん、下段㊧から近藤忠仁さん、西川聖哲さん
    和歌山大学クリエプロジェクト「防災のつどぴ」が発足 災害から生き抜くために、自分たちができることは…
  4. 常備灯「ここだよライトS」(3人) コンセントに差し込んでおく充電式。地震や停電が起こると自動的に点…
  5. リビング和歌山10月6日号
     和歌山県で生まれた、平安時代の歌人・西行。松尾芭蕉をはじめ、多くの人に影響を与え、死後、数々の伝…
フィッツミー和歌山店
健康クラブ
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る