関西リーグ第12節レポート 今季リーグ戦初の黒星喫す

9月10日(土)、アルテリーヴォ和歌山はアウェー・ビッグレイクB(滋賀県守山市)でレイジェンド滋賀FCと対戦し、1-3で破れました。

相手キーパーと1対1になったシーンで、しっかりと得点に結びつけた林慧選手。後半立ち上がりで2点ビハインドになった苦しい中で、1点を返す貴重なゴールでした。

相手キーパーと1対1になったシーンで、しっかりと得点に結びつけた林慧選手。後半立ち上がりで2点ビハインドになった苦しい中で、1点を返す貴重なゴールでした。

序盤から相手にシュートチャンスを作られる、厳しい展開になったこの試合。21分にバックパスを相手選手に奪われて先制を許し、0-1で試合を折り返します。
後半開始間もない47分、2つ目の失点。その2分後、澤野康介選手からのボールを林慧選手がシュートし、1点を返しました。60分には行方優介選手からのクロスを受けた角島康介選手がゴールネットを揺らすも、惜しくもオフサイドでノーゴール。その後、71分にペナルティーエリア内で相手選手を倒してしまい、献上したPKを決められ1-3に。この日2枚目のイエローカードをもらった前山和磨選手が退場となり、残り時間およそ20分を10人で戦いましたが、得点を返すことができず。今年のリーグ戦で初めて黒星をつける結果となりました。

坂元要介監督は、「集中力を欠いた部分が見られ、噛み合っていないことも多かった。得点シーン以外、良いところはなかったと感じています。きちんと立て直し、次節に挑みます」と話しています。

関西リーグ第13節は、リーグ優勝をかけた大一番。9月17日(土)13:00に、ホーム・桃源郷運動公園陸上競技場(紀の川市)で、首位のアルテリーヴォを勝ち点3差で追うアミティエSC京都を迎え撃ちます。

2戦連続でスタンドに深々と頭を下げることになった選手たち。JFL昇格を目指すには、リーグ優勝は必須。次節の試合終了時、これと同じ姿を見せることはできません。

2戦連続でスタンドに深々と頭を下げることになった選手たち。JFL昇格を目指すには、リーグ優勝は必須。次節の試合終了時、これと同じ姿を見せることはできません。

Text&Photo by 前田カオリ
和歌山県出身、サッカー主体のフリーライター。関西を中心に、育成年代から地域リーグまで幅広く取材中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」
     10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵としょう油にこだわれば、“いつも…
  2. リビング和歌山10月23日号「「和歌山城ホール」が29日(金)に開館 文化とにぎわい創出」
    紀の国わかやま文化祭の開幕に合わせ、和歌山城ホールがいよいよ開館。和歌山城を目の前に、どんな新しい…
  3. リビング和歌山10月16日号「秋の味覚・スーパーフード やっぱり、キノコでしょ!」
    秋の味覚の代表格「キノコ」。メインディッシュから副菜まで、いろいろな料理で活用できる食材です。10…
  4. リビング和歌山10月9日号「個性や専門性がぶつかり、融合して生まれるヒット商品 コラボでガッチリ!」
    企業同士、また企業と生産者など、それぞれの専門性や技術が掛け合わさることで生まれるコラボ商品は、さ…
  5. リビング和歌山10月2日号「10月は里親月間 家族のかたちいろいろ」
     実の親子でも関係がうまくいかない一方、他人でも強いきずなでつながる…。家族のかたちって何? 今号…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山10月30日号「和歌山生まれの卵としょう油で 極上のTKGを追求せよ!」

    2021/10/28

    リビング和歌山10月30日号

    リビング和歌山10月30日号  10月30日は「たまごかけごはんの日」(日本記念日協会認定)。卵とし…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る