豊かな言葉の蓄積が人間関係の基になる 形容詞で話しかけよう

豊かな言葉の蓄積が人間関係の基になる 形容詞で話しかけよう

豊かな言葉の蓄積が 人間関係の基になる形容詞で話しかけよう 突然ですが、質問です。お子さんにどんな人になって欲しいですか?

「優秀で人をリードできる人に」「優しくて人に好かれる人に」「社会的に成功できる人に」「ただただ幸せに」…、いろいろな答えがあることでしょう。お母さんの願いがどんなものであったとしても、共通する資質がひとつ必要になります。それが、コミュニケーション能力。自分の気持ちを相手に届け、相手の思いを受け取る能力です。自分の気持ちを言葉で主張できる子は、相手の気持ちを理解できます。それは、思いやりにつながり、円滑な人間関係を築く基礎になるのです。

とはいえ、まだしっかりと話せない小さな子どもに、お母さんは何をしたらいいの?と思うことでしょう。とっても簡単にできること、それは形容詞で話しかけること。形容詞とは「楽しい・暑い・おいしい・うるさい・大きい」など、五感に関すること、気持ちに関することを表す言葉です。「〜い」で終わる言葉と覚えれば良いでしょう。小さいころから、たくさんの形容詞を知っていると、自分の思いを言葉にすることに役立ちます。言葉で説明できるので、イヤイヤ期も楽になるといわれています。

「まだ話さないうちの子には早いのでは?」という心配はいりません。まだ話せない赤ちゃんにも、お母さんの言葉はちゃんと届いて蓄積されていきます。ぜひ、たくさんの形容詞を使って話しかけてあげてください。自分で話し始めたら、その蓄積が大いに役立つことでしょう。

著者むらたますみ
キッズコーチングシニアトレーナー
監修竹内エリカ
幼児教育者、日本キッズコーチング協会理事長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育て・教育

関連キーワード

おすすめ記事

  1. 普段の食卓でおなじみの“食パン”が、おしゃれに、かわいらしく変身! 「食パンアート」や、「トースト…
  2. 和歌山県の普通科高校在籍は66・5% 専門学科は夢を手にする近道かも!? 高校の学科は大きく分けて…
  3. 食欲の秋が到来。美味しい食べ物がそろうこの季節は、ごはんがつい進みますよね。料理の味を整えて、美味…
  4. 保険金支払額は2年連続1兆円超え 昨年秋に続く2度目の保険料改定 2019年10月、損害保険各…
  5. ありがとう、と 言葉で伝えることが大切 歌舞伎の名門(萬屋)に生まれ、8歳のとき、歌舞伎座で初舞…

電子新聞 最新号

  1. 2020/10/22

    リビング和歌山10月24日号

    リビング和歌山10月24日号 食欲の秋、アートの秋、どっちも楽しんで! 今、SNSなどでも話題の食パ…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る