CDデビュー7周年の宮本静さん 4月9日(日)新曲発表会を開催

闘鶏神社の祭りなどを舞台に、2年ぶりのCDリリース

「たくさんの人に聴いていただければ」と話す宮本さん

「たくさんの人に聴いていただければ」と話す宮本さん

紀の川市を拠点に活動している演歌歌手の宮本静さんが、CDデビュー7周年に合わせ、新曲3曲を収録したCDを2年ぶりにリリース。4月9日(日)午後2時から、フォルテワジマ4階ホール(和歌山市本町)で「新曲発表会」が開かれます(下参照)。

CDには、昨年、世界遺産に追加登録された闘鶏神社(田辺市東陽)の夏祭り「田辺祭り」を舞台にした叙情歌謡「田辺コーライお笠祭り」を収録。サビ部分での〝コーライ・コーライ・トンチキチン〞と響くおはやしが哀愁をそそります。

その他、徳川吉宗や武蔵坊弁慶、紀伊国屋文左衛門など、紀州男児の心意気を豪快に歌い上げる応援歌「男節」、和歌山城の上空を力強く飛ぶハヤブサの姿と、苦難を乗り越えて成功した夫婦の人生を重ね合わせたポップバラード「虎伏城のはやぶさ」も。それぞれ曲調の違いを楽しめる構成になっています。

デビュー以来、和歌山の文化と歴史を織り交ぜた〝ご当地ソング〞を歌う宮本さんの「ふるさと癒やし歌」は、今回の曲を合わせて19曲になりました。

宮本さんは「〝田辺コーライお笠祭り〞は1年掛けて完成しました。全ての曲が実話を元に作られていて、それぞれ違った雰囲気に仕上がり、自分自身、満足した曲になっています。たくさんの人に聴いてもらい、今後も歌を通じて、全国に和歌山の情報を発信していきたいです」と意気込んでいます。

新曲発表会

観覧無料、新曲CD即売会あり

日時 4月9日(日)午後2時
住所 フォルテワジマ4階ホール(和歌山市本町)
問い合わせ1 073(488)1900フォルテワジマ
問い合わせ2 090(1593)4514宮本音楽事務所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

うんちフェス

おすすめ記事

  1.  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されているのが和歌山県北山村特産の…
  2.  リビング新聞からのお年玉は「ゴールドに輝く地域ブランド」。全国リビングネットワーク・提携各紙から、…
  3.  さぁ、2020年の幕開け。2020年注目の話題といえば、やはり東京五輪・パラリンピックではないで…
  4.  今シーズンの冬ごもりは、家の中で読書を。心も体もほっこり、親子で本に親しみませんか。図書館スタッ…
  5.  寒さも本格的になってきましたが、街並みはイルミネーションで彩られ、澄んだ空気に星空や夜景もきれい…

電子新聞 最新号

  1. 2020/1/16

    リビング和歌山 1月18日号

    リビング和歌山1月18日号  今や国民病となりつつある「花粉症」。花粉症の予防対策として注目されてい…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園
ページ上部へ戻る