−第23回−文化財 仏像のよこがお「鞘仏(さやぼとけ)に納められた飛鳥仏」

串柿の里として有名な和泉山脈の山懐、かつらぎ町広口・滝・東谷・平の四つの集落は「四郷」と呼ばれ、このうち滝の極楽寺には、和歌山県最古の金銅仏が伝わっています。

物思いにふけるように頬に指を添え、円筒状の榻座(とうざ)に片足を膝に掛け、足を組んで座った半跏(はんか)像で、もとは銅の上に鍍金(ときん)が施されていましたが、過去に火事に遭った際に失われたと見られ、頭上の冠や台座の一部も溶けて無くなっています。

細い胴やきゃしゃな腕などの特徴は朝鮮半島・三国時代の作例と共通します。それらを手本に日本で造像されたと考えられる奈良県・神野寺菩薩(ぼさつ)半跏像と、冠から両肩に垂れる幅広のリボンの形や右腕を肘当てに置いている姿など、類似点が多いことから、本像もまた飛鳥時代、7世紀中ごろに造像されたと見られます。腹部の山形の腹帯は珍しく、こちらは奈良県・中宮寺菩薩半跏像と類似しています。

実はこの仏像、60年ほど前までは、誰もその存在を知りませんでした。

1964(昭和39)年7月、極楽寺の近くの北辰妙見神社を会場に開催された滝地区文化財展に、本尊の如意輪観音半跏像を出展する際、偶然その像内から胎内仏として発見されたのです。こうした事例はまれにあり、火災に遭って傷んだ仏像を外側の仏像である鞘仏に納め、その霊験を内に込めて本尊としたのかもしれません。

1350年の時を経て今日に伝わってきた飛鳥仏は、どのような歴史をたどってきたのでしょうか。像内に人名と花押と見られる墨書きも新たに確認しています。地域の文化財調査を通じて、その伝来の歴史を少しでもひも解いていければと思います。※和歌山県立博物館特別展「きのくにの名宝」で展示中。(同館主任学芸員・大河内智之)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーナー

関連キーワード

 

おすすめ記事

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」
    イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野生の鳥獣による農作物の被害…
  2. リビング和歌山11月27日号「いつもの飾り付けに、あなたらしさをプラス 今年はワクワク膨らむマイクリスマス」
     12月24日まで1カ月を切り、華やかなクリスマスシーズンが到来。ワクワク気分を高めてくれるクリス…
  3. クリスマスシーズン到来!おすすめのクリスマスケーキや、華やかなディナー、大切な人へのプレゼントにぴっ…
  4. 年の門出を祝うご馳走を 1年を竹の節のように区切り、お盆や正月といった特別な日を節(せち)と呼んだ…
  5. リビング和歌11月20日号「校区外から加太小・中学校への就学が可能に アットホームな学校生活を」
    来年度から、和歌山市立加太小・中学校に通学区域以外の子どもも就学が可能に。大規模の学校とは違った環…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山12月4日号「女性ハンターが活躍中!」

    2021/12/2

    リビング和歌山12月4日号

    リビング和歌山12月4日号 イノシシやシカの狩猟が解禁されました(和歌山県は来年3月15日まで)。野…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る