−第43回−文化財 仏像のよこがお「葛城修験の歴史を伝える仏像」

西念寺地蔵菩薩(八幡神)立像、修理前㊧と修理後㊨

西念寺地蔵菩薩(八幡神)立像、修理前㊧と修理後㊨

友ヶ島から和歌山・大阪・奈良の境にある葛城山系の峰々を、『法華経』の内容になぞらえた28カ所の経塚をたどりながら修行する葛城修験は、2020(令和2)年に日本遺産に登録されました。かつて多数の修験者が全国から訪れ、行場ごとに拠点となる寺や堂舎がありましたが、明治政府の修験道廃止政策により多くが廃絶しました。しかし、そうした信仰の場の痕跡が、場所を変えて今日まで受け継がれた事例も少なくありません。

和歌山市日野の山中に「第二経塚(方便品)」の石の祠(ほこら)があります。周辺一帯は第2の宿「二ノ宿(にのしゆく)」と呼ばれ、神福寺や光福寺、慈眼寺が立ち並んでいました。中でも、規模が大きく、二ノ宿の中心となったのが神福寺です。境内には観音堂、行者堂、経蔵、深蛇池などがありましたが、明治初年に陸軍の軍用地として接収され廃絶しました。江戸時代後期の地誌『紀伊続風土記』には「本尊十一面観音、脇士八幡大菩薩、大威徳明王なり。三像共に役行者の作」と記され、仏像や石造物は、山を下った同市西庄の集落に建つ西山浄土宗西念寺の境内の観音堂に移されています。

21年12月、寺の協力で、江戸時代の等身大の観音像(秘仏の身代わり仏)や役行者像など、秘仏本尊を除いた仏像調査を行いました。特筆されたのは、本尊厨子(ずし)の両脇にまつられた地蔵菩薩(ぼさつ)立像と大威徳明王坐(ざ)像です。近代以降の修理で厚く、鮮やかな色が塗られていましたが、その造形から、ともに平安時代の作例と見受けられました。

地蔵菩薩立像は、神福寺では八幡神像としてまつられてきたもの。右手で右の袖を握る姿は珍しく、これに似た地蔵菩薩像は高野山の周辺に複数確認できます。本来は地蔵だったものが、後に僧形八幡神と位置づけられたのでしょう。調査後に修理が行われ、このほど造像当初の彫刻面がよみがえりました。行場が廃絶しても、修験者たちを見つめてきた仏像は、葛城修験の歴史をその身から語りかけています。(和歌山県立博物館アドバイザー、奈良大学准教授・大河内智之)

コーナー

関連キーワード

 

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

交通安全キャンペーン2024 贈呈式

おすすめ記事

  1. プレミア和歌山認定品の毬玉アクセサリー、天然石や真鍮のアクセサリーやビーズ・スパンコール刺繍の作品…
  2. リビング和歌山4月20日号「知ってた?有田市に国内最大級のチューブスライダー出現」
     3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE PARK(ビッグ・スマイ…
  3. おさかな、食べていますか? 海に囲まれたニッポンは、種類豊富な水産物に恵まれています。今年度、全国…
  4. リビング和歌山4月6日号「生地卸商から始まり 多角化戦略で進化する 老舗100年企業」
    地域経済をリードする地元企業の魅力に迫る「すごいぞ!和歌山の底力」シリーズ。今回は和歌山市に根付い…
  5. リビング和歌山3月30日号「遊びを通した心の栄養士 おもちゃコンサルタント」
    おもちゃの広場では、全国のおもちゃ美術館に展示されている国内外のおもちゃが並びます 山本記代さん…

電子新聞 最新号

  1. リビング和歌山4月20日号

    2024/4/18

    リビング和歌山4月20日号

    リビング和歌山4月20日号  3月23日、有田市初島町に誕生した健康スポーツ公園「BIG SMILE…
バックナンバー
リビングカルチャー倶楽部
夢いっぱい保育園

お知らせ

  1. 2024/4/18

    2024年4月20日号
  2. 2024/4/11

    2024年4月13日号
  3. 2024/4/4

    2024年4月6日号
  4. 2024/3/28

    2024年3月30日号
  5. 2024/3/21

    2024年3月23日号
一覧

アーカイブ一覧

ページ上部へ戻る